「 eBay Helpを読む」の記事は 116 件です

セラーアップデートな季節 第1弾 eBayオーストラリアの手数料変更

毎年恒例、イーベイ春のアップデートのシーズン。2008年秋から、eBayでは規約やらシステムやらの変更内容の発表は、前期と後期の年2回のタイミングでまとめて行われるようにれるなりました。eBayの3ヶ年の大改革もほぼ終わりましたから、今年はそれ程大きな変更はないと思いますけど。以3月から7月にかけて行われる、イーベイ・オーストラリアでの変更の概要です。ほぼ、USサイトが前年にかけて行ってきた変更の後を追う内容となっています。

寂しい夜はエマとおしゃべり–Ask Emma our automated agent–

eBay UKのヘルプトピックではVirtual Agentのルイーズさんが24時間、365日、みんなの質問に答えてくれます。バーチャルエージェントなんて、所詮機械。どうせ使えないんでしょ?と思う方もいらっしゃるでしょうが、ルイーズさんはなかなかのやり手です。ヨーロッパ各国のeBay・PayPalでの働きが認められてか、アメリカのeBay.comのヘルプにもご姉妹が派遣されることになったようです。こちらはエマさん。

月に何アイテム?トータル幾らまで出品できる?-Monthly selling limits-

最近、ご新規セラーさんが出品中にこんなメッセージが表示される場合があるそうです。You can sell up to 10 items or up to $500.00 per month, whichever comes first.この出品制限は2010年10月から導入されました。それ以前にアカウントを取得していて今から出品を始める場合はこの制限には当たりません。

FVF、払ったら最後と思うのはヤフオクのせいですか?

eBayのFVF(落札手数料)は、取引の完了・未完了に関わらず、請求されます。でも、どうかご心配なく。
Resolution Centerを通じてUnpaid item casesまたはCanceling a transactionの手続きが適切に完了すれば、ちゃんと次回以降の手数料の支払額から差し引きされます。セラーかバイヤーに自動的に悪評価が付いてしまうなんて事もありません。

クレームはPayPalから?それともeBayから?

アメリカのイーベイ eBay.comとイギリスのイーベイ eBay.co.ukでは、買い手保護プログラム(Buyer Protection)の手続のスタート場所がPayPalからeBayへと変更になりました。eBay・PayPalの問題解決手段へ進む前に、セラーとコミュニケーションを取る事を怠らないで下さい。直接交渉でより良い条件を引き出すのが賢いバイヤーの方策です。

消え行くパワーセラーアイコンの思い出に

昨年秋よりイーベイの優良セラーの指標にTop-rated sellerが導入されて、それまでのサービスの質はどうあれ沢山売ってるセラーの指標だったPowerSellerのアイコンはシステム上表示される事がなくなりました。ささやかな自己満足のために表示を続けて来た旧来からのパワーセラーもとうとう、アイコンを削除しなければならない時がやって来たようです。

バイヤーは評価を盾にしてセラーを脅しても良い事になりました

Feedback Extortionと言うのは、セラーがバイヤーに良い評価を強要したり、バイヤーが「ネガティブ付けるぞ!」とセラーを脅したりすることです。今までの規約ではアイテムページに記載されていた場合のみ、評価を引合いに出す事が許されていましたが、取決めがなかった場合でも、交渉の手札として評価を使う事が認められたという事になります。

質問できない〜(ToT)/ -Ask a questionは何処?-

eBayのとあるアイテムでセラーさんに質問を送ろうとしたら…あれっ?無い!Ask a questionのリンクが無いっ!いつもアイテムページの右上、Seller infoの欄にSave this seller See other itemsなんかと一緒に並んでいたAsk a questionが見当りません。と思ったらありました。セラーさんが公開しているQ&Aが表示される所。…説明に書いてある事を質問して来るバイヤーさんって、結構多いんですよね。最初の頃は説明文の内容以上の何かを求められているのかと悩んだものですが、その内、ど〜も説明文をあまり読んでいないらしいと言う事に思い当たりました。

2010秋の変更はオンラインセミナーでチェック

先月eBay.comで、この秋の変更内容の発表がありました。イーベイ・ジャパンでも概要の日本語版が公開されています。この変更に関するeBayジャパンのオンラインセミナー「2010年秋のポリシー・アップデートについて」が本日から開催されます。

バイヤーさんの為のItem Conditionsガイド

セラーさんは既にご存じの事と思いますが、7月27日より、eBay US(アメリカ)、UK(イギリス)、AU(オーストラリア)、DE(ドイツ)の主要イーベイサイトではItem Conditions (商品の状態)の記載が義務付けられます。今回の表示の義務付けとともに、カテゴリ毎にコンディションを表現する言葉が限定され、それぞれ明確に定義されました。新しい定義は5月から導入されていますので、バイヤーさんも新しいItem Conditionsに切り替わった出品はご覧になってると思います。

eBayの本人確認–電話にメールにクレカにPayPalに銀行口座に郵送にファックス–

eBayでは様々なタイミングで本人確認の手続きを求められる事があります。確認方法も様々で、クレジットカードによる本人確認、銀行口座による本人確認、電話による本人確認…など。面倒、英語の電話無理、日本語の書類で大丈夫かな…など様々な不安が付きまとうかもしれませんけど、まずはやってみて。ここで紹介した手続きは全部、拍子抜けするくらい簡単です。

eBayにお電話下さい -国際電話に海外Fax通信-

最近は、eBayのヘルプを辿って問題解決の相談をしようとすると、かなりの高確立でCall(お電話下さい)にブチ当たります。SkypeとPamFax、あとは少しの勇気と、現役高校生程度の英語力。これでeBayの電話サポートも恐くありません!

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network