「 eBay Helpを読む」の記事は 116 件です

日本語 de eBayヘルプを読む

日本語のeBay関連コンテンツには滅多な事では驚きませんが、昨日スタートしたSAATSの新サービスには驚かされました。eBayのHelpが全部日本語で読める!纏め上げるのも大変ですが、その後の気紛れなeBayの変更を追っかけるのがさらに大変だと思います。日本のeBayユーザーの明日の為に、頑張っていただきたいです。

送金が保留なのにアイテムを送る? -21 Days Hold Policy-

Payment has been received – you can now post the item…あるeBayセラーさんに届いたPaypalからの入金のお知らせです。取引きが円滑進んでいる事を確認するまで、入金は一時保留されますって…入金が保留になっているのに「発送できますよ」というこのメールは一体なんでしょう?

Buyer Requirements(入札者の条件)-入札できない!!-

こんな警告が出て入札出来なかったら、Buyer Requirementsの設定が原因です。出品ページからはどのような制限が掛けられているか分かりません。引っ掛かって初めて気が付くと思います。そこで、セラーアカウントの中の設定項目と対処法をご紹介しようと思います。

新しい補償プログラム -eBay Purchase Protection Policy-

eBayの新しい買手補償プログラムに係る規約変更についてのお知らせです。6月8日から適用。サービスを利用する以上は、規約に同意しているものと見なされます。知らなかったでは済まされません。

また電話? -eBay Resolutions-

イーベイの2009年春の変更の中で、eBayが仲介に入るという新しいeBay Resolution processが既に始まっているという情報が…画像を見てぶっ飛びました。電話だ!電話だ〜!
他のカスタマーサポートの手段でも電話によるサポートが取り入れられましたから、これも当然の流れなのでしょう。

イーベイ、この春の変更

eBay.comでこの先に予定されている変更点がアナウンスされてます。昨年は変更が目白押しで色々と混乱も生じたので、今年から変更点は年に2・3回に分けて、変更が行われる60日前にはお知らせする事になりました。今年は2回このような大きなお知らせが行われます。これはその1回目。

関税 -それは言わないお約束です-

関税を安く、または非課税にする為にセラーにValueを安く書いてもらうとかGIFTにチェックマークしてもらうとか、衆人環視の場で堂々と脱税へのアドバイスを求める事は、遠慮した方が良いんじゃないかなと…しかし、それでお客さんにヘソ曲げられたら困るしぃ、評価下げられたりするしぃ。そこがeBay取引のツライ所です。

Dutch auctionがなくなる

Multiple items(複数アイテム)をAuctionスタイルで出品する出品形態を一般にダッチオークションと呼びます。このDutch auctionの設定が5月の中旬にeBay.comからなくなります。

もうお星様にお願いはしない

DSRsがスタートした時に、セラーは個々のバイヤーが★を幾つ付けたのかは明らかにされないとお伝えしました。今回の変更でも個々のバイヤーの残したレートは明かされません。しかし、以下Dashboardで作成出来るレポートのリストを見れば…もうバレバレって事で

eBay UK 出品手数料無料!

3月12日以降、99p(0.99ポンド)以下の出品手数料がず〜っと無料。でも、スタート価格が1ポンド以上の出品手数料は…据え置き。FVF(Final Value Fees)が一律10%。ただ単に手数料上げたかっただけ?だったら、素直にそう言ってくれたら良いのに。

Live Helpは何処へ行った?

このところ、eBayのトップページにLive Helpのリンクが出て来ません。
大量リストラで顧客サービスに人員を割けなくなった?と思いましたが、出る所にはちゃんと出てました。メール、Live Help、電話とそれぞれ違っていた入口を全てContact usにまとめて、ユーザの問題の内容によって適切な連絡手段へ辿り着くようになりました。

複数でも1つです

イーベイの出品時の設定にはQuantity(数量)の項目があります。落札価格は終了価格×数量となるのは皆さんご存知だと思います。ところが、この数量を勘違いしているセラーさんに立て続けに遭遇して少々面食らいました。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network