「 PayPal」の記事は 86 件です

私は完了しましたーPayPal本人確認書類の提出ー

PayPalジャパンの資金移動業者登録に伴う本人確認書類の提出に関して、私の場合、このような経過となっています。サイトの「Notification/通知」の欄から、「Confirm Identity/本人確認」をクリックして暗証番号を入力。直ぐに「[PayPal]お客さまの本人確認が完了しました」のメールが届き、限度額の解除は完了。ローマ字表記への変更は電話での変更を行いました。クレジットカード事業者との合意ができれば、送金のみで利用してるユーザーの本人確認はそれでOKなんじゃないかなと考えていたのですが…準備不足とも思える状態で送金に制限を掛けて来たのは、アテにしていたカード会社の協力が得られず、監督当局からせっつかれてのことか。

スカボローフェアは聴き飽きた—PayPal本人確認書類の提出—

10月からは本人確認書類の提出を済まさないとペイパルの送金限度額が10万円までに制限されるようになりました。現在、仕様かバグか分かりませんが、PayPalに電話して手続きの画面が出てくるようにセッティングをしてもらわないといけません。

PayPalが停止する日

先月からeBay・Paypal関連のサイトで盛んに告知されていますので、既にご存知と思いますが、日本時間で4月20日金曜日午後2時から約1時間、PayPalの機能が停止します。日本だけではなく世界中で同時です。PayPalのサイトにログインしての操作に影響が出るのは勿論、ウエブサイトからの支払等も影響を受けます。

PayPalから本人確認書類ご提出のお願い–資金移動業者登録への動き

PayPalから日本のユーザーへメールで「本人確認書類ご提出のお願い」が届き始めているいるそうです。やっと、資金決済法の資金移動業者登録に本腰を入れるようですね。これで、日本での企業向けの営業活動が随分とやり易くなるんじゃないでしょうか。日本でPayPal Hereが使えるようになる日も遠くないかも。書類の提出は郵送で、提出期限は2012年5月14日(消印有効)。提出しないと、2012年7月1日以降支払の受取ができなくなります。

Paypal偽メール?!ではありません…多分

ここ数日の間に私が管理してるPayPalアカウントのメールアドレスへ実名入りのメールが届いています。ああ、そうかそうかと流していたのですが、フィッシングでしょうか?のご質問を頂いて…言われてみたら、確かに怪しく感じるかも知れないなと…今回のお騒がせメールの発送を担当しているのは、GSI Commerceのメールマーケティング部門 e-Dialogです。

PayPalとAliExpress提携解消どっちの傷が大きいの?

8月3日以降、AliExpressではPayPalが使えなくなります。AliExpressでPayPalが使えるようになったのは昨年4月。今回の提携解消の理由はPayPay側からもAliExpress側からも明らかにされていません。PayPalによれば通例の見直しに拠るものとありますが、幾つかの報道を見ると、PayPalがコミッションの上乗せを要求した事、また、AliExpressとeBayの競合が顕著となったことが上げられています。

東日本大震災の義援金募金にPayPalを使って下さい

日本のアカウントでの寄付受付が出来ないので日本からの寄付もできないのかとお訊ねをいただきましたが、日本のPayPalアカウントからでも海外の団体への寄付は可能です。現在こちらで確認できている東日本大震災への寄付受付団体はアメリカ、カナダ、イギリスの団体です。USドル、カナダドル、英ポンドのバランスからであれば、為替交換の手数料無しに100%、PayPalの残高を生かすことができます。

PayPalの為替レートをつぶやくTwitter Bot

皆様ご存知の通り、PayPalの通貨換算レートはこの数字とは違います。参照されているレートも違えば、さらに2.5%の為替交換手数料も掛かる。そんな私の、イラッを払拭してくれるあるモノとTwitterで出合ったんです。1日2回、PayPalの支払時の円/ドル為替レートをTweetし続けるBot、@PayPalUSDJPY。

開発者向けコミュニティの統合に見るPayPalとeBay親子関係の逆転

eBayとPayPal、2つの開発者向けコミュニティの統合が報じられいます。興味深いのは、この発表が最初に行われたのがPayPalからだということ。今すぐにeBay Developers ProgramとPaypal X Developer Networkが統合されるわけではありませんが、6月に予定されていたeBayのディベロッパーカンファレンスは中止となり、秋に開催されるPayPalのInnovate X conferenceと同時開催になります。

PayPalとは曖昧な関係のままでいたいの

インドでは3月からPayPalの利用が大幅に制限されます。インド中央銀行RBIの新しい規制を遵守するためです。PayPalがアメリカ以外の国へサービスを拡大するにあたって、各国の法規制への準拠が求められます。その為にコンプライアンスチームの増強が必要となっています。ローカル化されて利便性が失われるくらいなら、今まで通り外国の便利なサービスを日本から使わせて頂いてますという状況の方が、主に海外送金の手段としてPayPalを利用して来た既存のユーザーにはまだマシなのかも知れません。

クレジットカード無しでもeBay・PayPalできますか?

PayPalバランストレードのサイトが動き出しているみたいですね。バランスの売買がPayPalポリシーからどのように判断されるのか私には分かりません。ウェブマネーでも、現金でもですが、ペイパルのアカウントを開設してバランスを購入したのに、イザ払おうとするとクレジットカードの登録を求められて払えません!という困った状況の方がいらっしゃるようです。

PayPalバイヤープロテクションの適用が拡大

ペイパルジャパン株式会社は29日、オンライン決済サービス「PayPal」において、「バイヤープロテクション(買い手保護プログラム)」の日本における適用範囲の拡大を発表した。マトモな内容であればかなりの高確率でバイヤー側に有利の裁定がなされます。そして、PayPalで支払った代金全額が戻ってきます。未着(INR)ならまずはコレで解決なんですけど、問題はSNADでのクレームの場合です。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network