Paypalのアカウント制限 -Notification of Limited Account Access-

2006/11/27 01:08

最近Paypalのアカウントを制限されたと言う話しを良く聞きます。
アカウントの制限、口座の凍結はクレーム絡みの場合だけと思っていましたが、住所のちょっとした記述の違い、大きな額の出入りがあった時など、ちょっとした事で、制限される場合があるようです。以前は、Contact usの項目選択の中にLimited Accessに関する項目がありましたが、現在はこれがなくなりました。代わりに、My AccountのResolution Centerから必要な情報が取得出来るようになっています。
Limited Accessに関する新しいHelp項目の引用です。

Protection Policies – Limited Access
Q: Where can I review the steps to return my account to regular standing?
A: If PayPal requires additional information about your account, you will receive a notification email to your primary email address. Additionally, you will see a “We Require Additional Information About Your Account” page the next time you log in to your account. This page will provide details on how to return your account to regular standing. In addition, you will see a red notification box on the PayPal website. For information on how to return your account to regular standing, click the “Click to Resolve” link located on that page.

補償規定 – アクセス制限
Q: 自分のアカウントを正常な状態に戻すための手順はどこで確認出来ますか?
A: Paypalがあなたのアカウントについて追加の情報を必要とする場合、登録eメールアドレスへその事を知らせるメールが送られます。
そして次回自分のアカウントにログインした時に「We Require Additional Information About Your Account(あなたのアカウントについて追加の情報が必要です)」のページが表示されます。
このページにはアカウントを正常な状態に戻すための詳細が書かれています。
加えて、Paypalのサイト上に赤いお知らせボックスが表示されます。
そのページにある「Click to Resolve」をクリックして、アカウントを正常な状態に戻すため情報を得て下さい。

制限の理由によって、パスワード変更だけで解除出来る場合や、identification(身分証明)をFaxしなければならない場合があります。身分証明書類のFAX送信用にはバーコード付きのカバーシートが用意されています。

Please fax each of the following documents
  Resident Card(住民票)
  Certificate of Seal Impression(印鑑証明)
  Alien Registration Record Certificate(外国人登録証明書)

必要となる書類はこの内のどれか一つです。
軽い制限の場合はこの手続きを行えば数日でアカウントは正常な状態に戻ります。利用拡張第2段みたいなものと思えば…

私も大昔に制限された事があります。その時は海外のネットカフェからアクセスした事が原因でした。送付する物もSocial Security NumberとPhoto IDと指示があっただけで、日本にはSSNが無いので、住所確認として運転免許証と、英語で身元を証明出来る物としてパスポートのコピーをFaxしました。
住民票と印鑑証明は役所に行かないと手に入らないので面倒ですが、このような指示があるという事は、それだけ日本向けの対応が進んで来たという事でしょう。

しかし、これで解除されない場合….厄介な事態になる事を覚悟しないといけません。追加で色々な書類提出を求められ、定型文のメールしか返って来ず、挙げ句にアカウントの取消という事も起こり得ます。ここから先は、もう自分ではコントロール不能、運・不運としか言えません。言葉の問題のないアメリカやイギリスのメンバーでさえ、同様の問題を抱えているのですから、メールや電話での訴えがPaypalに届いているのか疑問に感じます。

例によってLimited AccessをタイトルにしてPaypalを騙るフィッシングメールも出回っています。怪しいと感じたら、メールのリンクはクリックせずに直接Paypalのサイトへログインして、アカウント情報に関する警告が出ていないか確認して下さい。

Paypalの怪しいメールの通報はこちらから spoof-jp@paypal.com
Paypalの怪しいサイトの通報はこちらから Fake Email/Website (Spoof, Phishing)(偽(不正)サイトを報告する)
eBayの怪しいメールの通報はspoof@ebay.comへメールの全部を転送。
【2006.11.27 Update】
2005.11.20の記事を一部修正して再投稿しました
【2009.10.14 Update】
Paypalフィッシングメールの転送先を spoof@paypal.com から日本のメンバー用のメールアドレス spoof-jp@paypal.com へ変更しました。フェイクサイト通報先リンクも変更しました。
TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

[...] « Notification of Limited Account Access(Paypalのアカウント制限) ゴミ! » 2006/11/27 01:25 [...]

Comments

8 Responses to “Paypalのアカウント制限 -Notification of Limited Account Access-”

  • okym より:

    はじめまして。
    いつも参考にさせていただいております。
    さて、今回私もebayのsellerを始めました。
    早速、落札されて満足しているのもつかの間・・・
    入金額が大きかったこともあり、アカウントを制限されて
    しまいました。
    お金も銀行口座に移せないんですね・・・
    FAXしようと思うんですが、番号は
    +1-402-537-5731でいいんですか?
    正直分からないことばかりです。
    よろしくお願いします。

  • crescent より:

    okymさん
    始めて大きな額が動く時は、殆ど皆さん制限が掛かるようになったみたいですよ。
    コレを通って一人前みたいな感じなんでしょうか。
    そうなら最初にやっておけ〜!と思いますが(笑)
    すみません。当時のFAXナンバーは探せば出てくると思いますが、私がFAXしたのは大昔ですし、今も同じ番号とは限りませんので、現在のPaypalの指示に従って下さい。カバーシートに記載してあるのがその番号なら、それで大丈夫です。
    ご存知と思いますが、+は国際電話識別番号の意味ですから、お使いの国際電話サービスの番号を頭に付けて下さいね。
    あまり心配せずとも大丈夫と思います。

  • okym より:

    >crescent様
    レスありがとうございます。
    paypalは何かと不安になるサービスですね。
    (フィッシングにあいそうにもなりました 汗)
    確かに始めの手続きに必要なことはしてもらいたいものです。
    英語は読めるんですが、なかなか書くとなると難しい
    ですね、これからも参考にさせていただきます。
    無事アカウント制限されることを祈ります。
    ありがとうございました。

  • うさちき より:

    crescentさん こんにちは
    うさちきと申します
    先ほど↓のメールが来ました。paypalからと思い覚えが無いので、おかしいなと思いつつリンクをクリックしたら、カード情報のフォームが出てあわや!もしや??と思い大慌て、
    ----------------------------------------—-
    As part of our security measures, we regularly screen activity in the PayPal system. We recently contacted you after noticing an issue on your account.We requested information from you for the following reason:
    We recently received a report of unauthorized credit card use associated with this account. As a precaution, we have limited access to your PayPal account in order to protect against future unauthorized transactions.
    Case ID Number: &&××-○○○-○○○-○○○
    In accordance with PayPal’s User Agreement, your account access will remain limited until the issue has been resolved. Unfortunately, if access to your account remains limited for an extended period of time, it may result in further limitations or eventual account closure. We encourage you to follow our verification procedure as soon as possible to help avoid this.
    (以下は翻訳機による)オカシイですが・・・
    我々の保安対策の一部として、我々はPayPalシステムで定期的に活動を放送します。あなたのaccount.Weの上で問題に注意することが以下の理由のために情報をあなたに要請したあと、我々は最近あなたと連絡をとりました:
    我々は、最近この口座と関連する未許可のクレジットカード使用の報告を受け取りました。予防措置として、我々は将来の未許可の業務から保護するために、アクセスをあなたのPayPal口座に制限しました。
    ケースID番号:&&××-○○○-○○○-○○○
    PayPalのUser Agreementによれば、問題が解決されるまで、あなたの口座アクセスは制限されるままです。残念なことに、あなたの報告書へのアクセスが長期の期間の間制限されるままならば、それは更なる限界または最終的な口座閉鎖に終わるかもしれません。我々は、あなたがこれを避けるのを助けるためにできるだけ早く我々の確認手順に従うのを奨励します。
    ---------------------------------------------------
    Security Center から paypalに問い合わせています。真偽はまだ分かりませんが、こちらの記事を今ほど見て驚きました。いつものようにmy papal account から入ると
    いつもと変わらず表示されていますからやはり偽物なんでしょうか!? crescentさんの記事を見て
    こういうことが自分にもあるとは、、、少し気持ちが落ち着きました。paypalの返事を待っているところです。

  • うさちき より:

    どうやらエラーだったようです。お騒がせしました(恥)
    しかし、何故なのかまだ分かりません・・・・?
    You have requested an outdated version of PayPal. This error often results from the use of bookmarks. To enter the PayPal website please click on the Welcome tab.
    If you are already logged in, please click on the My Account tab to continue.

  • crescent より:

    うさちきさん
    PCのお気に入りなどからアクセスして正常なら大丈夫です。
    Paypalの本物のアクセス制限のメールにはログインを促すようなリンクは一切含まれていません。ですから、リンクがあるものは詐欺メールと考えてほぼ間違いないです。
    このメールもフィッシングだと思うので、そのまま spoof@paypal.com に転送して下さい。ヘッダーの情報やメール内のリンク先から、Paypalが詐欺サイトを突き止める手掛かりになりますので。
    「You have requested an outdated version of PayPal……」これは私も時々お目に掛かります。トップページ(Paypal.com)以外のページにアクセスしようとした時に多いですね。

  • うさちき より:

    crescentさん
    早速、お答えいただいてありがとうございます。
    今ほど、↓ のメールが来ました。これは本物ですね。
    おっしゃる通り前述のメールはインチキだったんですね。
    見かけはまったく区別がつきません。
    ---------------------------------------------–
    Dear ×××× ××××
    Thank you for taking the time to contact us with your concerns. I am
    happy to assist you further.
    We suspect the email you received is a spoof email, please do not click
    any link in this email and provide any info about your credit card or
    PayPal account. PayPal will never ask for these info from our customers.
    We advise you to forward this email to spoof@paypal.com If any
    additional information is needed, our investigations team will contact
    you via email.
    Please let me know if you need further assistance.
    Sincerely,
    ○○○○
    PayPal Resolution Services
    PayPal, an eBay Company
    -----------------------------------—-
    「どうやらエラーだったようです。お騒がせしました(恥)」    ←などと私が書き込んだことは思い違いでした。本当のコワい!!コワい!!!メールだったんです。もう少しでクレジットカードを取り出していたので入力するところでした。瀬戸際で???と・・知っていたはずなのにとっさには何をするか分からない自分にアキレ!?ました。(何で振り込めサギなんかにかかるんだろうと人様に言ってたことが・・・)

  • crescent より:

    事無きを得て良かったですね
    ダマされる時って、後から考えてみたら….って事なんでしょうね〜。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network