燃料サーチャージ!?(カナダからの小包)

2005/11/22 00:42

久しぶりに、カナダからの出モノがありました。
入札前に送料の質問を送るため、発送方法を確認しようとCanada Postのサイトへ行ってみました。
多分2Kgを越えるので、小包扱いです。
Postal Rate calculatorに大体の重さと寸法、適当な郵便番号を入力します。(海外発送なのに郵便番号が必要か?と思いながら...カナダにいる友達ん家の番号とか...)
3つの発送方法が出て来ました。
The following shows the rate(s) for a parcel of 37.47cm x 30.00cm x 24.13cm weighing 1.8000Kg.

International Surface Parcel
Base Price: $56.30
Fuel Surcharge: $4.36
Delivery Confirmation : N/A
Total: $60.66
Purolator International (3 to 4 business days)
Base Price: $169.50
Fuel Surcharge: $13.14
Delivery Confirmation : Included
Total: $182.64
Xpresspost International (6 business days, guaranteed)
Base Price: $91.90
Fuel Surcharge: $7.12
Delivery Confirmation : Included
Total: $99.02

んん?Fuel Surcharge?あの原油高騰で航空各社が旅客に追加請求しているというあの燃料サーチャージですか?
海外旅行の予定もないし、関係ないと思っていた燃料サーチャージにこんな所で出くわすとは...。
こればっかりは、eBayではSurchargeは禁止ですと言っても、通用しないですよね(笑)
カナダ$も最近高いしね〜。これは痛い。他国が追従しない事を願います。

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

Comments

4 Responses to “燃料サーチャージ!?(カナダからの小包)”

  • darby より:

    お久しぶりです、crescent様。
    小包に燃料サーチャージ、ひどいですねぇ。格安航空券でも付くものだから荷物にもって感じでしょうか?
    ご存知ですか?来月早々、USPSが国内・海外共料金値上げするそうですよ。ここのところ長く続いてる円安とダブルパンチです。
    この前アメリカ人セラーにTシャツ一枚の送料を聞いたら、正確な住所と郵便番号を教えてくれと言われました。なんでそんなもんが必要なのかとブツブツ文句垂れて教えたら、fedexのアカウント持ってるから調べてあげると言われました。
    結果セラーもビックリ、私もビックリの金額でUSPS letter postで送ってもらうようにお願いしました。
    なんですか、このfedexのアカウントって?ポイント・カードみたいに使えば換金できるものなのでしょうか?
    ちなみにこのセラー、郵便おたくなのかletter postじゃトラッキングできないよ〜と、残念そうでした。

  • crescent より:

    darbyさん、こんばんは。
    えっ!USPS値上げですか?それは知りませんでした。これはまた...イタタです。
    FedexとかUPSとか、アカウントを持つと割引きがあるみたいですよ。料金を調べる時もIDを入れるとアカウントのステイタス毎のレートで計算されるみたいです。そう言えば、UPSも計算するのに郵便番号が必要でした。
    それにしたってUSPSと比べたらどこも高いですよね。
    ははは...私も郵便オタクかも。届いた荷物に何かしら番号があったらトラッキングできるか試してしまいます。
    先日イギリスから日本への発送には使えないはずのairsuerで荷物が届きましたが、その時のラベルはコレクションしてあります(笑)。

  • darby より:

    こんばんは、crescentさん。
    なるほど。それで彼fedex使いたがってたのか。納得、納得。
    USPSは前回値上げした時は2002年(?)で、原油高とかなんとか色々言い訳書いてましたよ。日本も値上げするのかな?
    ラベル・コレクションいいですねー。私も真似して珍しいモノは集めてみようかな。
    そう言えば、南アフリカから届いた封筒には税関申告書がシールじゃなくて、コピー用紙がホッチキスで止められていました。どういう訳かroyal mailの赤いスタンプも。肝心の日付や料金はどこにも書いてませんでした。南ア、不思議な国だと思いました。

  • crescent より:

    南アからは一度だけアイテムを受取った事があって、箱に切手がびっしり貼ってあった事だけ覚えてます。税関申告書はどうだったかな〜?
    当時はそれ程郵便マニアではなかったので、忘れてしまいました(笑)
    日本はどうでしょうね?もう長いこと値上げがないので、あってもおかしくなさそうですが...あっ、でもゆうパックは事実上の値上げでしたね。国際郵便も、アメリカ側の輸送コストが上がる分、上乗せかな〜。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network