毎年恒例USPSの料金改定…イギリスRoyalmailも

2009/05/04 21:54

今年も有ります、USPS恒例の5月の料金改定。
»»Mailing Services Prices Effective Monday, May 11, 2009

実はまだ中身を見ていないのです。もしかしたら、下がってるかも?
いやそれはないでしょう。WesternUnionの電報サービスが消滅したように、Eメールの普及により郵便の数は1964年のレベルまで減少しているそうです。USPSは業務縮小を迫られており、かなりの数の人員整理を行う予定です。ネットからの利用など合理化が進んでいるとは言え、配達するのはやはり人間ですから、サービスの低下が心配です。

それと、料金表のページにはひっそりと書き添えていたのですが、イギリスの郵便Royalmailは4月6日に料金改定がありました。それから、それから、小包部門のParcelforceは1月9日に料金改訂がありました。大変遅くなりましたが、修正して現行料金に対応しております。»»イギリスから日本送料一覧

送料関連はウチのブログ中でもアクセスの多いのコンテンツの一つです。参考にして下さっている方もいらっしゃるでしょうから、変更があればすぐに対応したいのでですが、最近どうもその気になれずにいます。

この一覧表は元々自分用に作ったものを少し解説を添えて公開しています。私がイーベイでバイヤーを始めた当初は、海外への送料まで記載されているアイテムも少なく、セラーさんに送料を訊ねても「日本へ発送した事ないから分からない〜。あなた調べて〜。」なんて答えが返ってくる事もありました。
私も海外からの発送なんて幾ら掛かるか見当もつかず、ボッタクられては日本の恥!と、毎度毎度海外の郵便局のサイトで試算して、補償条件の許容範囲で安い方法を探っていました。
こうして一覧表を作って初めて、まとめ送りの方が高くなるイギリスの郵便料金のカラクリが分かりましたし、サービスではスピードと補償の点で天と地ほどの差があるPacelforceのStandard(航空便)とEconomy(船便)が価格ではそれ程差がない事も知りました。そう言えば、あの頃はアメリカからのEconomy Parcel Postはお得だったので、「ついで買い」を沢山してたのよね。

ここ数年は、私自身が送料一覧を見る回数はめっきり減りました。大体の相場は頭に入っているというのもありますが、説明に日本への送料も記載されているアイテムも増えましたから送料実費を知る必要がないというのが一番の理由。
それに毎度の一点モノ買いですから、他のセラーの出品と比べてどっちがお得?なんて調べる事もありません。ボッタクリ野郎からは買うもんか!なんて意地になって希少なお宝を見送れるほど今のeBayはお宝ザックザクではありません。送料込みで出せるトータルの額から入札額の上限を決めて、終了3秒前に打込むだけです。

eBayでは送料をS&H(Shipping and Handling) 、P&P(Postage and Packaging)と呼ぶように送料=郵便料金ではありません。eBayでは発送に掛かる経費の実費以内であれば、その分をハンドリングとして送料に上乗せして請求する事が許されています。それを良い事にアレもコレも乗っけてハンドリングを大きく膨らますセラーもいるわけですが、少なくとも某ヤフオク辺りの「定形外発送で200円払ったのに、140円で送られて来た!」みたいな話はeBayでは「だから何?」と軽くあしらわれるのがオチです。

eBayでのぼったくりハンドリングの問題は以前と比べれば格段に改善されたと思います。eBayが過剰な送料の取締りを始めたのもありますが、その前から感じていた事です。結局ハンドリングを過剰に取るようなセラーはバイヤーからそっぽを向かれて自然淘汰されて行く運命だと思います。

それでも吹っかけてくる輩はいるようで、届いてからスタンプの郵便料金を見て悔しい思いをするバイヤーさんもいらっしゃいます。しかし、Paypalで払っても送料の問題はクレーム対象外です。ボッタクられた送料を取り返す決定的な手段はありません。

届いてからスタンプの料金が請求された送料と違う〜!なんて言い出すのは今時のイーベイではナンセンスですが、入札前なら応相談の場合もありますし、落札後の水増しに対抗するにはこちらも相場を知っている必要があります。
料金表はその為に使って下さい。決して「この料金で送って貰えるはず」と勘違いはなさらないように。

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

[...] 。»»毎年恒例USPSの料金改定…イギリスRoyalmailも [...]

Comments

2 Responses to “毎年恒例USPSの料金改定…イギリスRoyalmailも”

  • darby より:

    こんにちは、crescentさん。
    ebayじゃないのですが、昨日イギリスから小包届きました。スタンプの日付は2/17でした。大きな字でSUとありましたが、これってsurfaceてことでしょうか?発送した友達からは「クレカ持ってないからたくさんお金払った」というメール貰いました。向こうじゃクレカ払いOKなんですかね?なくなったと思った荷物が届いて嬉しいけど、素のままで箱に入れてるだけだから一つ破損してたよ。

    ほんとebayお宝枯渇状態ですわ。世界的金融危機で家に眠ってるお宝がザクザク出るのでは?と予想してた割りには肩すかしです。トホホ。

  • crescent より:

    darbyさん、こんばんは。

    > これってsurfaceてことでしょうか?

    きっとそうです。Pacelforce Economyよ。
    補償はないわ、追跡ないわ、時間かかるわ、安くないわと…向こうのセラーさんにも評判悪いですよ。
    前に取引したセラーさんによると「Parcelforce are rubbish and the economy service is a joke 4-8 weeks on a boat?」だって。
    RoyalmailはAccount holder料金とNon account holder料金に分かれてます。アカウント取得にクレカ要るのかしらね?
    UK側の補償はないけど、日本の郵便局は小包郵便の基本補償で補償してくれますよ。素のままだと梱包不備で断られるかも知れないけど、言うだけ言ってみたらどうでしょう?

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network