Paypal偽メール?!

2006/07/04 19:53

皆さんの所にもペイパルから、こんなメールが届いているはず。

Notice of Policy Updates

Dear Crys Crescent,
PayPal, Inc. is pleased to announce that we are preparing to open a new regional headquarters, PayPal Private Limited, a PayPal group company incorporated in Singapore. These headquarters will be the service provider for PayPal customers outside the United States and the European Union. Going forward, this development will help us improve services for our customers worldwide.
Please note that no action will be necessary on your part. You will be able to continue using your PayPal account as you do today.
Your Existing Customer Relationship with PayPal
Until August 1, 2006, your customer relationship will continue to be with PayPal, Inc. (a U.S. company) under the PayPal User Agreement, which is governed by California law…..

そしてコレをspoof@paypal.comへ転送してみた人も多いはず。
そして、こんなお返事が届いたはず。

Suspicious Email (KMM********V*******KM) :k*2

Dear Crys Crescent,
Thank you for bringing this suspicious email to our attention. We can
confirm that the email you received was not sent to you by PayPal. The
website linked to this email is not a registered URL authorized or used
by PayPal. We are currently investigating this incident fully. Please do
not enter any personal or financial information into this website……

ここまで来たらさすがに本物とは思えないかも知れません。でも私はコレ、本物だと思ってます。
このメールはいくつか質問をいただいて初めて、ナルホド疑わしいなと思いました。

疑わしい理由1
フッター部分の「This PayPal notification was sent to crescent@nifty.com because you chose to receive All Policy Change Notices.」です。
私はPaypalの初期設定で「ALL Policy Change Notices」を選択しているので「Notice of Policy Updates」は毎回届きます。しかし、今回のメールは「受取る」に設定していない人にも届いています。自分は知らせを受取る設定をしてないのにこんな風に書いてあったら偽メールだと思って不思議はないですし、賢明な考え方です。
しかし、初期設定のところには「*PayPal reserves the right to contact our users regarding important product or policy announcements.」と書いてありますから、重要なお知らせなら届く場合はあります。
本来このような特別の知らせならば「設定と関係なく該当者全員へ送信しています」など、それなりの注意書きがあって然るべきでしょう。そこを同じフッターを使って送信してしまったのはPaypalのミスです。

疑わしい理由2
Paypalにログインしてもこのお知らせはまだPaypalのサイト内のどこにも記載されていません。しかし、これは通常の「ポリシーアップデート」のお知らせでも良くある事。

疑わしい理由3
そして詐欺メールと断定するPaypalからの返信メール。疑わしいも何も、これでも詐欺メールと思わない人がいたらその方がおかしいです。
しかし、これも実はPaypalのミス(だろうと思います)。私がこのメールを本物と信じる理由の一つは、私のPaypal不信のなせる業です。
届いた途端に新しいチャージバックプロテクションから我々を排除する作戦だ!!と思ったからです(笑)。だって8月ってタイミング良過ぎ….でもコレは私の考え過ぎでしょう。

その他の理由…..
まず、私が持っているPaypalのアカウント3つ、名義違いも含めて正しいフルネーム宛で全部に届いています。一個だけなら本人名での詐欺メールも有り得ます。送信人は過去の取引相手と言う可能性もありますから。しかし3つ全てとなると、Paypalからの情報流出以外に考えられません。もしそうならスパムどころの騒ぎじゃないです。
そして、このメールは中国、シンガポール、マレーシアそして日本など、該当する国のメンバーにだけ送られています。

そして一番信憑性のある理由….
カナダのメンバーにはカナダ法人へ移動になると言う内容の同様のメールが送られています。このメールもspoof@paypal.comに転送すると同様に「偽メールである」と回答が来るそうです。
この件はカナダのeBay掲示板で話題に上がっていて、そこでPaypalのスタッフが訂正のコメントを入れていました。我々に届いたメールも同様だと思います。(それとも、これは情報流出を隠す為のPaypalの隠蔽工作??)

確実なところは、現在spoof@paypal.comでない所からPaypalへ問合せを入れていますが、いつ返事が来ることやら….。
このブログでも疑わしいメールはspoof@paypal.comへと書いていますが、こんな事もあります。所詮ペイパルなんで、しょうがないかと許してやって下さい。そして自分はこんなにイイ加減なサービスを利用しているのか〜!と危機感を持って下さい
どちらにしても特にアクションが必要な内容ではありません。真偽の程は8月1日になれば分かります。

【2009.10.14 Update】
日本のメンバー用Paypalフィッシングメールの転送先は spoof@paypal.com から spoof-jp@paypal.com へ変更になりました。
Forward fakes to (偽メールを次のアドレスに転送) spoof-jp@paypal.com
TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

Comments

8 Responses to “Paypal偽メール?!”

  • darby より:

    こんばんは、Crescentさん。
    うちにも来ました、そのメール。最初は本物って思ってたけど、面白いから昨日paypalに転送しました。でも、まだ返事ありません。ebayには何回か怪しいメール送ったことあるけど、いつも5分以内に2通返事くれるのにな〜。やっぱりpaypalってかなりエエかげんな会社みたい。(爆)
    数年前(今年の始めだったかな?)集団訴訟の件でpaypalからメール来ましたよね。一緒に訴訟すればよかったかな?な〜んて、そんな英語力ありませんよ。
    Crescentさんに教えてもらうまで、カナダにも送ってるとは思いませんでした。だって、アジア地区の話じゃないのですか?なんでカナダも別法人になるんだろう?なんか変ですね。

  • とし より:

    あ、・・・ついて行けない(恥)
    でもなんか重大なこと。。?なんでしょうね。

  • crescent より:

    darbyさん、こんばんは。
    今回は返事が来るのに一日位掛かってます。メールが殺到して混乱してるでしょうね〜。ウキキ♪
    懐かしいですね、集団訴訟。私も面倒なんで、何も送ってないですよ。確か受取れるのは一人当たり1ドルそこそこだったような…英語と格闘して、書類をエアメールで郵送して、それじゃ合わないわ〜。
    カナダは前からconfirmed addressだし英語でも困らないから、別法人にする必要ないと私も思うんですけど、アメリカ一拠点じゃ捌けなくなったかな?

    としさん、こんばんは。
    今回のお知らせはヨーロッパとアメリカ以外のPaypalメンバーがシンガポールの別法人の管轄下になると言うお知らせです。
    何年か前にイギリス法人を立ち上げてから、ヨーロッパ各国に支部みたいなのが増えてます。ドイツ、フランス、イタリアとか、それぞれの国の言葉のサイトが出来てるし、アジア拠点になったら日本語ページも出来るかも知れないですね。

  • ねこやしき より:

    あ〜、うちにも来てました、これ。
    そして、『ふ〜ん、シンガポール。そうなんだ。』で
    終わらせてしまった私…(爆)
    危機感なさすぎですね。反省…。

  • crescent より:

    ねこやしきさん、こんばんは。
    ははは、偉そうな事を書いてますが、
    私も最初は何の疑いも持たずにいたクチです(笑)
    言われてみれば確かにと言った感じで...

  • とし より:

    >日本語ページも出来るかも知れないですね。
    (^◇^ ;) ほぇ〜
    それを期待します。。

  • いちろう より:

    http://ceswap.tinydot.info/about456.html
    アメリカのニュース?にもでてました。

  • crescent より:

    いちろうさん、コメントありがとうございます。
    サイトはインターネットテクノロジー関係のフォーラムのようです。
    投稿している方はインドの方のようですね。
    該当する国でもブログやフォーラムでは取り上げられてますが、ニュース関係はなかなか見つかりません。
    Paypalからは以来何の音沙汰も無しで、新しい規約とやらも出来てるなら先に公開して欲しいものです。
    カナダの方は、アダルトアイテムの決済にも使えるようになるかも..なんて話しが出てました(笑)

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network