国際宅急便 -日本から海外へ-

2006/09/27 00:12

ヤフオクだと定形外で発送した場合の事故でも、それを選んだのがバイヤーならそれはバイヤーの責任と言う事で落着くと思います。しかし、eBayでセラーをやるにあたっては、たとえ説明ページの中で「I can not be responsible for uninsured (unregistered) parcel lost or damaged in transit.」などの条件を掲げてもPaypalでクレームされたら、セラーは一方的に不利な立場に置かれる…コレがどうしても納得が行かず、私はeBayのセラー業に本腰を入れる事ができません。

発送をEMSに限定すれば良いのでしょうが、こちらの都合だけでバイヤーに高い送料を強いるのは気が進みません。そんな私に、ヤマト運輸からちょっとうれしい知らせ。

「国際宅急便」発売のお知らせ(ブレリリース)
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h18_58_01news.html

ヤマト運輸は今までUPSと提携した海外宅配便を扱っていましたが、それよりもかなり安い料金設定になるようです。さらに!自分が使いそうな重量区分の価格を比較してみたら、EMSより安い!こともある…

yamato_ems.jpg

重量区分も違いますし、ヤマトの方は重量だけでなくサイズの制限もあるので、一概にヤマトが安いとは言えませんが、制限重量一杯で利用するならお得ですね。

あとはこのサービスが、オンライントラッキング出来る発送方法としてPaypalに認められるかどうか。それと、国内向けの宅急便みたいに割引してくれないかしら?
「お電話一本で、いつものセールスドライバーが集荷」って話だから俄然、期待しちゃう♪

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

[...] 時に、日本→アメリカのEMSの送料の比較をした事があります。(参考記事»»国際宅急便 -日本から海外へ-) その時は、重量によってはヤマトの方がお得になるという程度でしたが [...]

Comments

3 Responses to “国際宅急便 -日本から海外へ-”

  • 0120 より:

    こんばんは。
    クロネコはヤフーオークションの決済代行サービスも開始するようなので、宿敵郵政の先回りというところですね。
    料金設定は微妙ですが、ゆうパックとヤフーゆうパックの使い分けに習って、利用者側の選択の幅が広がったのは良いことだと思います。
    万が一の保証額等も比べなくてはいけませんね。
    ところで日本発の保険付き郵便の受領書に書く内容品の価格は、円以外の場合円に換算してからSDRに換算するのですが、その換算レートはその年の元旦のものを一年間ずーっと使うというお決まりがあることが判明。
    更新は年一回と決まってるのだそうです。。
    今でもドルは107円、ユーロは138円くらいで換算です。
    これで計算すると内容金額が低くなって保険金も低くなってしまうのですが、保険を使う事態になったときには発送した日のレートで保険金を算出するお決まりだとかで、それなら始から出した日のレートで書けばよいのに、なんともお役所チックな「お決まり主義」なことで・・・。
    その矢先、今日行った窓口ではなんと新聞を見てレートを調べて記入していました。
    お決まりはどうしたの・・・・。

  • dell_pe2400 より:

    国際宅急便もっと高いかと
    思っていたのですが、
    意外と使い方によっては
    手ごろな値段なのですね。
    ヤマトも企業努力のおかげか
    安くサービスを提供していますね。
    驚きです。

  • crescent より:

    0120さん、こんばんは。
    結局は発送した日のレートで計算されるなら、郵便局がなぜSDRを使うのか良く分からないですね(笑)
    というか、SDRとは一体何の為にあるのかも良く分からなかったりしますが….
    今まで料金の安さではEMSが突出していましたが、これの登場でそれ程でもなくなりました。料金面、サービス面で競争してくれたらうれしいです。

    dellさん、こんばんは。
    税金を使わずに民営でもこれだけの価格を実現できるというのは、やはり企業努力ですね。
    海外発送の選択肢が増えてうれしいです。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network