この税金について疑問あります

2007/01/25 23:34

円安だと言うのに….アイテム価格$250+送料$90=合計$340のお買い物をしました。勿論、頼まれ物。私の物ではありません。
一昨日、留守中に配達があったらしく、差出人USA様で「郵便物お預かりのお知らせ」が入っていました。

国際郵便 税付 料金900円

まあ仕方ないよね。250ドルだもの。週末にでも再配達してもらおう….。

そしてその翌朝、仕事に遅れる〜〜〜〜と焦りまくって出掛けようとしていた所、郵便屋さんとばったり。「税付きです」と課税通知書を渡され、料金900円を支払って….ん?これって昨日の荷物?と思ったら、「昨日の分とは別ですから、あちらは再配達を依頼して下さい」と残して郵便屋さんは颯爽と去って行きました。

はて?他に課税されそうなアイテムは思い当たらないけど?
届いた荷物はValueが$250で送料は$40とちょっとです。もしやと思って開けてみたらやっぱり!$250で落札したアイテムの一部でした。と言う事は、もう一個の荷物と合わせて$250だよ〜。
課税通知書の裏にはいつもこんな事が書いてあります。

この税金について疑問のある方、減税又は免税を受けたい方、関税について一般税率の適用を受けたい方は納税しないで表記の税関までその旨を申し出てください。

払っちゃったら申し立てできないのか〜!じゃあ、まだ受取ってない方の荷物なら異議を唱える事ができる?まずは、そっちの荷物の正体を確認しなくては….

郵便局に電話して荷物に記載のValueを確認してもらったら、やっぱりそちらも$250。
かくかくしかじかで、2重に課税されてしまっている事を伝えたら、郵便局の方から税関に連絡を取ってくれる事になりました。
15分程で税関から電話が入り、価格を証明できる書類をFAXすればOKとの事。
「ネットで購入したので領収書等はないんですが、販売されていたサイトの画面のプリントアウトと、支払完了のメールでも良いでしょうか?」であっさりOK。
eBayの画面をMacからそのままFAXしてと….ページの上の「こんなアイテムもありまっせ」って所、邪魔….え〜っと、あとは、Paypalからのメール、メールと….
探している間に、郵便局から電話が入りました。「税関より連絡がありましたので、お預かりしているお荷物の税は免除させていただきます」
って、まだ領収書送ってないよ〜。そんな簡単で良いんかい(爆)

小一時間費やして、900円を払わずに済んだのですが….その900円の為に、本業一時間分の時給を取り損ね、そして今日も遅刻〜

ところで、複数個口に分けた荷物それぞれにフルの価格を記入する事については、どう考えたら良いのかしら?
万が一、片方の荷物が紛失・破損した場合、半分の価格しか記載されていなかったらその価格までしか補償が受けられない事になるやも知れません。
全部が揃ってこそ価値があるものだったら、一部だけの事故でも満額の補償を得て当然のような気もしますが…両方ともダメージがあった時は丸儲けになっちゃうなぁ〜
あっ!まだ受取ってない方…壊れてたりして(笑)

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

Comments

Comments closed.

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network