Good News, Bad News

2007/03/18 02:03

Good News, Bad Newsは英語のジョークに良く登場します。

Lawyer: I have some good news and some bad news.
Client: Well, give me the bad news first.
Lawyer: The bad news is that the DNA tests showed that it was your blood they found all over the crime scene
Client: Oh no! I’m ruined! What’s the good news?
Lawyer: The good news is your cholesterol is down to 130!
弁護士:良いニュースと悪いニュースがある。
依頼人:悪い方を先に聞かせてくれ。
弁護士:DNAテストの結果、事件の現場に残されていたのは君の血液だと判明した。
依頼人:なんてこった!オレはお終いだ!で、良いニュースとは?
弁護士:君のコレステロール値が130に下がったそうだ!

逆に良いニュースから始まって、悪いニュースでオチになるパターンもあります。しかし、英語のジョークって、お笑い文化の違いからか笑えない事が多いわ。

昨年末に落札したアイテムが3ヶ月ぶりで、本日到着しました。
私がこのアイテムをここまで辛抱強く待てた一番の理由は、このセラーが私との取引の後も、100%ポジティブでeBayで出品を続けていたからです。つまり、IDを捨ててバックレる心配が少ない…。

元はセラーが発送方法をミスった事に端を発していますが、セラーも状況確認のために発送元の郵便局へ2回程足を運んだりしてくれたりして誠意のある対応をしてくれていたと思います。途中、メールの返事が遅れた時がありましたが、Find contact informationで軽くプレッシャーをかけたら即返事がありました。うやむやにして逃げおおせると思うなよ

届いたから、今こうして冷静に振返る事も出来るわけですが、昨晩辺りは、Feedback期限の90日を正確に算出し、最後の手段は「It should be remembered that I still have chargeback right」かな〜と、返金を迫るのに効果的で、慇懃かつ背筋の凍るような英文をあれやこれやと思案していました。

この話しとGood News/Bad Newsがどう関係するのかと言うと
「アイテムが届きました〜!」のGood Newsに、「でも壊れてました」とBad Newsのオチが付く….追加の保険は付けていないので、補償額は小包の基本補償額。アイテムの価格の半分ちょっと。上手く行けば、送料も少し返して貰えるかもと言ったところ。修理できない破損ではないので、この補償額でも何とかなりそうですが、はっきりした返事は月曜日になります。破損したパーツを持って行ってもらう時、以前のイヤな記憶が頭をよぎりました。(»»補償金Geeeeet!)
局員さんには「補償金は修理代として考えてます。以前お預けしたら破損がヒドくなって戻って来た事があったので、くれぐれも取扱いには気を付けて下さい。(シロウトが、余計な手ぇ出すんじゃねぇ!!)」とクギを刺しておきました。

届いた事はセラーさんにも早く伝えたいのですが、破損があった事も同時に伝えないといけません。
メールの切り出しにGood News/Bad Newsを使ってみようかなと…

Hello Bobby,
I have some good news and some bad news. The good news is the item reached here today! Glad! Our patience has paid off. And the bad news is item was broken…..lol

笑えない〜!

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

Comments

2 Responses to “Good News, Bad News”

  • darby より:

    こんばんは、crescentさん。
    アイテム壊れてても届いて良かったですね。(変な言い方だな〜・笑)
    >私がこのアイテムをここまで辛抱強く待てた一番の理由は、このセラーが私との取引の後も、100%ポジティブでeBayで出品を続けていたからです。つまり、IDを捨ててバックレる心配が少ない…。
    あ〜、なるほど。そういう考え方もあるんだ。私はそこまでチェックする気力(能力)がなく、忘れた頃に届いた物もいくつかあります。(笑)これから届くの遅いアイテムは、相手の動向要チェックですね。
    話は変わりますが、今日UKサイトで探してたらfeedbackのページ変わってました。前に仰ってた詳しい★はなかったけど、90日以内の取引にアイテム名もバッチリ出てましたよ!まるでヤフオクみたいではないですか!私の場合、買う物は決まってるのでこれでバレバレです〜。(もうバレてると思うけど・笑)これって、いつかは.comでもこうなるんでしょうねぇ。ライバルの動向を調べるのに、いちいち別タブ開く手間は省けますが。

  • crescent より:

    darbyさん、こんばんは。
    >アイテム壊れてても届いて良かったですね。
    ありがとうございます。まだ郵便局と補償の話が出来ていないのでどうなるか分かりませんが、100%のロスは免れたので一安心です。
    セラーが出品を続けてるかどうかのチェックはeBayのアラート機能を使うと楽ですよ。出品があればセラーはメールを見る確率も高いし、それでも返事がいないならかなりヤバそうだとか…作戦を練る為に、ストーカーのようにチェックしてます(笑)
    新しいFeedbackのシステムは.comもその内導入すると言う話です。
    私は何度か★付きのFB見掛けましたよ〜。ほとんどのセラーさんは★5か、4.5でした。減点項目が無ければ5にする人が多いようです。
    ハンドリングを取られていていも、自分が了承した金額なら5つ星にするか…5つ星はハンドリング0のセラーだけに取っておくべきか、悩む所です。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network