高額アイテムを出品する時のお手本

2008/06/08 23:35

ADDITIONAL PAYMENT TERMS 追加の支払条件

Payments through PayPal are very welcome. Two conditions apply:
ペイパルでのお支払いを歓迎。2つの条件を適用します。

1) The tickets can only be shipped to addresses that are registered within your PayPal account, and are being referred to my by PayPal. No exceptions. If you need the tickets to be shipped to a different address, you must pay with wire transfer (IBAN/BIC available).
チケットはペイパルアカウントに登録し承認された住所のみに発送します。例外は認めません。他の住所への発送を希望する場合、IBANまたはBICの口座間送金でお支払い下さい

2) If you pay with PayPal, I need copies of your passport/ID as well as from your credit card that you are using within PayPal (both sides). Please provide these documents as electronic scans immediately after the end of the auction. The tickets will only be shipped after you have provided these documents.
ペイパルでお支払いの場合、パスポートまたは身分証明書のコピー、Paypalの決済に使用するクレジットカードの両面のコピーが必要となります。これらをスキャンしたデータをオークション終了後速やかに提出して下さい。チケット発送はこれらの書類の提出後となります。

These additional terms are important, as PayPal will only protect sellers from unjustified chargebacks in accordance with the above. You as a buyer remain fully protected through PayPal’s Buyer Protection Policy. So both sides are well protected. :-)
不正なチャージバックからセラーが保護されるのはこれらの条件を満たした時のみなので、これらの条件は重要です。バイヤーはペイパルのバイヤープロテクションで保護されています。これで、双方が保護されるのです(^-^)

最近ドイツeBayのフォーラムを賑わしている、とあるセラーの出品(EURO 2008: 2 TICKETS für SPANIEN – RUSSLAND, Kat. 2他数点)に記載された取引条件の一部です。

普通なら、ヒステリックなセラーの戯言、まっ、落札したらしょうがないから付き合ってやるか…程度の話です。しかし、一つ普通でない所が…セラーはドイツeBayの現重役、しかも元Paypalドイツ支部のCEO、Frerk-Malte Feller(eBay beruft Frerk-Malte Feller zum neuen Geschäftsführer für den Bereich Auction in Deutschland)。
eBayでは、イーベイ社員が出品する事自体は問題ありません。しかし、イーベイ社員が出品する場合は、出品者がeBay社員である事を明示する必要があるそうです。この出品ではそれが明示されていません。IDが本名そのまんまですから、分かるだろうと思ったのでしょうか?でも、アナタそんな有名人じゃないし(笑)
他にもUEFAのロゴを無断使用とか、チケットアイテムの出品ポリシー違反じゃないかとか、DHLで送料40ユーロってボッタクリとか、突っ込み所が満載のようです。興味のある方はフォーラムの方で詳しくどうぞ。
»»http://community.ebay.de/forum/ebay/thread.jspa?threadID=218432

私が突っ込みたいのは、やはりこの仰々しいマイルール。
ドイツも日本と同じく、PaypalのSeller Protectionの対象外ですから、こんな条件を付けようとも、チャージバックされたらお終いだと思うのですが、詐欺の抑止効果を狙ってでしょうか?(スキャンデータなんて、いくらでも偽装できると思いますが〜)それとも、届いたデータが本物かどうか確認する手段でも持ってるのでしょうか?「ねえねえ、この人からPaypalでお金受取ったんだけど、大丈夫か調べてくれるぅ?」なんて、元部下に尋ねるとか?

色々はてな?の所もありますが、つまりは、その元CEOでさえ、これくらいの条件を付けないと、恐ろしくてPaypalは使えないという事です。Paypal歓迎と言いながら、実はPaypalに後ろ向きなこの態度、高額アイテムを扱うセラーさんなら見習うべきです。そこそこの価格のアイテムのセラーさんは真似しないで下さいね。入札激減間違いなしですから。

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

Comments

5 Responses to “高額アイテムを出品する時のお手本”

  • darby より:

    こんばんは、crescentさん。
    ドイツ人の出品ページ一番下には、細かい取引条件のようなものがドイツ語で出てくることがあります。私は読めないからスルーしてますがebay.deの常識なんでしょうかね?
    ebay現役重役でもpaypal信用してないってところが笑けます。

  • crescent より:

    darbyさん、こんばんは。
    関係者にさえ信用されないPaypalですから、ただのユーザーが信用できるワケがないですよね〜。
    ドイツeBayも出品にはPaypalが義務化されたと思います。
    細かく取引条件を定めてPaypal払いを諦めさせようとアレコレ書いているのかしら?

  • やまちゃん より:

     ドイツebayはPayPalが義務化、ですか? わたしのような低額商品を狙っている身にはありがたい(^^;) なにせBank Transferのみが多く、どうしても欲しいものは、ドイツ人の友人に頼んでいたものですから……。

  • crescent より:

    やまちゃんさん、こんばんは。
    あー!スミマセン。
    まだドイツeBay全てではありませんでした。経験の浅いセラー、評価の悪いセラー、リスクの多いカテゴリのアイテムを扱うセラーetc.の条件付きです…
    イギリスは全体で義務化されましたが、こちらのお国は元々Seller Protectionがありましたし、オーストラリアはPaypalのみになりましたが、その直前にSPPが適用になりました。ドイツも全てに義務付けする前にSPPの問題をクリアする必要がありそうです。

  • やまちゃん より:

     crescentさん、おはようございます。
     なんだかセラーは大変そう。それにしても、「経験の浅いセラー、評価の悪いセラー、リスクの多いカテゴリ」とは、なんだか逆に、PayPalで支払うのがためらわれますね(^_^)

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network