Paypal Onlyにオーストラリア政府が「ちょっと待った!」

2008/06/14 03:33

本業の忙しさにかまけて、サラリとしかお伝え出来なかったのですが、イーベイ・オーストラリアでの決済手段がPaypalのみに限定されるお話(参考記事»»最近のeBayのニュースやらお知らせやら…)
実施が来週に迫ったこの時に、オーストラリア政府の機関ACC(Australian Competition and Consumer Commission)、オーストラリア競争・消費者委員会…つまり公正取引委員会みたいなところ?…から、ダメ出しを受けています。
ACCC proposes to revoke immunity for eBay’s PayPal only policy

eBayユーザーの反対の声に政府が動かされたのか!?
それもあるかも知れませんが、ACCをけしかけたのはGoogleだと言う話も…。
オーストラリアのセラーへの支払方法は、Paypal以外となるとどれも安全性や手数料において難しいものがありますが、それは他の海外バイヤーにとっても同じ。送料的にはアメリカ、ヨーロッパのライバルバイヤーに不利になる事もなく、また時差が殆どない事もあって、日本のバイヤーにとっては購入適地だと思います。バイヤーとしては、全てのアイテムがPaypal OK、さらにPaypal Onlyとなればセラーに気兼ねなく堂々とPaypalでのお支払いができるようになり大変有難いと思いきや、実はそうでもない雰囲気を感じています。

オーストラリアは現在すでに、Pick up のアイテムを除いては、支払い方法にPaypalを提示する事が義務付けられています。以前と比べて、Pick up onlyのアイテムが眼につくようになり、「日本へ送って〜」のお願いも受けてもらえない事が増えました。Paypal Onlyになれば、その傾向が更に進む事は想像に難くありません。
オーストラリアでのPaypal only化はeBayのテストケース。ここでトントン拍子に事が進んでは、また「バイヤーの安全性・利便性が向上した」とかなんとか言って、他国にも導入しようとするのは目に見えています。

ネットの喧嘩に政府が出て来るのは、新たな監視状態を生みそうであまり好みませんが、目先のお宝市場を確保する方が、私のeBayライフにとっては重要なので…頑張れACC

【2008.6.15 追記】
eBayからの回答書
***Important update regarding changes on eBay.com.au***
あくまでも「市場の安全のため」の姿勢を押し通すつもりらしい。問題はそこじゃないだろ〜
TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

Comments

Comments closed.

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network