ペイパルでお金を返してもらう時-Refund・返金-

2010/06/02 23:50

PayPalで支払ったお金を何かの事情でセラーさんから返してもらう時、バランスに入っていたり、支払いに使ったクレジットカードに戻って来たり、どうして?と思った事はないですか?それは支払い方の違いと、セラーさんの返金の仕方の違いによるものです。

バイヤーがクレジットカードから支払った場合、セラーがPayPalのRefundという機能を使って返金すればクレジットカードへ、Send Moneyでバイヤーへ送金する方法で返金したらバランスへ入金されます。
以下に、セラーからバイヤーへ返金が行われた場合の受取り方法、手数料の有無、注意点などをまとめてみました。返金ですから通常取引と違って、送金人がセラー、受取人がバイヤーです。

Refund(返金)

Refundが使えるのは、送金した日から60日以内。この方法で返金を行えばセラーは受取時の手数料の還付が受けられます。一部返金の場合もPartial Refundといって、セラーは返金分の受取時の手数料の還付が受けられます。
バイヤーも100ドル支払ったら100ドルそっくり返金されるのですが、円〜ドルへの支払いなど、異なる通貨を跨いで支払いを行っている場合は、行きと戻りと2度PayPalのボッタクリ為替レートが適用される為、(大きな円安への動きでも無い限りは)日本円でカードに返金される額は若干目減りする事があります。
カードへ返金されたお金が自分の手元にどのように戻ってるかは、返金されたタイミングやカード会社によって違います。支払いから間がなければ最初の送金自体が取消される、カードへマイナスとして計上されカードの引落し口座へ入金される、別の支払で相殺される…など。返金の方法も為替の処理方法も異なりますので、不明な場合はカード会社へ確認して下さい。

Send Money(送金)

Send Moneyで返金された場合は、セラーがPayPalのバランス、または銀行口座から支払ったのか、eCheckで支払ったのか、クレジットカードまたはデビットカードから支払ったのかで受取る時の状況が変わります。

バランスからの返金ならバランスへ即時に入金されます。この時返金される通貨によっては、この通貨のバランスを開くか?訊ねられる事があります。
【手数料】
セラーが送金目的をPurchase(買物やビジネスに関係した送金)として送金を行うと、返金を受取るバイヤー側へ手数料が掛かります。Personal Transfer(プライベートな目的での送金)であれば、通常は受取るバイヤー側に手数料は掛かりません。送金側の国によっては稀に手数料が掛かる場合があります。Personal Transferで手数料をどちらが負担するかは送金する側が選択する事ができます。

銀行口座からeCheckでの返金なら、この支払いはPayPalの取引履歴でPendingと表示されます。その後セラーさんの銀行の残高に問題がなければ数日でClearedになってバランスへ入金されます。
【手数料】
eCheckの場合、返金を受取るバイヤー側へ手数料が掛かります。eCheckでの支払いを受け取る時の手数料は¥650 (5.00 USD)を超えることはありません。

PayPalへのFile a claim絡みの返金の時は注意して下さい。セラーが手続きを行った後に銀行口座を空にしたら入金は行われません。送金のメールが届いてもすぐにクレームを解除せずに、Clearedになるの待って、バランスへの入金を確認してからクレームの解除を行って下さい。

クレジットカードからの返金の場合。受取時に手数料を引かれてバランスへ入金されます。
今までにPayPalで一度も送金を受取った事がない人で、Withdraw(引出し)用の銀行口座を登録してしないと、Accept or Denyが必要になる場合があります。
【手数料】
送金目的、アカウントの種別に関わらず、手数料が掛かります。»»PayPalの手数料規定が変更になったようですが?

Premier or Personal

以前は受取る側のPayPalアカウントの種別が口座がPremierか、Personalかで、手数料が違いましたが、現在はアカウントの種別ではなく送金の目的と、何を資金にするかによって手数料が変わります。
PayPalの手数料に関して、詳しくはペイパル・ジャパン公認のライフレシピ「nanapi -PayPalの手数料-」をご覧下さい。

Refundでの返金なら、セラーもバイヤーも余計な手数料をPayPalに支払わずに済みます。
セラーさんのSend Moneyでの返金を受取って手数料が引かれてしまった時でも、このRefundでセラーさんへ返金すれば引かれた手数料は戻ります。そして改めて最初の支払いからRefundして貰って下さい。いきなり返金するとセラーさんも??となりますから、返金する前には説明を。

Please refund by useing Refund link on the Transaction Details page.
取引履歴のページの返金用リンクから返金して下さい

【2010.6.21 Update】
アメリカ、カナダのPayPalユーザーがRefundを行う場合、手数料が掛かるようになります。
»»たかが30セントされど30セント -PayPal U.S.の手数料変更-

I need to pay for …

Refundで返金された場合、eBayの履歴上では支払い前の状態に戻ったと判断されてMy eBayの「I need to pay for X item.」の表示にカウントされます。支払いの督促をされているようで気持ち悪いでしょうけど、これが仕様なので、気にしないように。

2009年7月のPayPalの手数料その他の改定に伴い、2005.11.1の記事を修正して再UPしました。

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

[...] This post was mentioned on Twitter by crys_crescent, crys_crescent. crys_crescent said: 英語 de eBay 記事を更新しました♪ #eBayJP: ペイパルでお金を返してもらう時 -Refund- http://bit.ly/aB1Cvy [...]

Comments

9 Responses to “ペイパルでお金を返してもらう時-Refund・返金-”

  • Ryo Niimura より:

    こんにちは。
    私は一か月以上前にペイパルでアメリカのサイトでサプリメントを購入しました。友人に入金してもらったのですが、彼らが確認の為に写真で身分証明をファックスかメールで送れと言ってきたので、友人は苛立ちdisputeを開きました。
    しかしその後私がそれらを送ったところ、相手はdisputeを閉じないと送ることはできないと言ってきました。一度閉じたら開けないことを承知で信用して閉じたのですが、結局、詐欺師呼ばわりされてキャンセルされました。返金したと言ったのでそれなら許せると思ったのですが、まだ返金されていません。彼らにはよく電話やサイトのチャットでそのことについて聞くのですが、みんながみんな違うことを言って、その場逃れで済ませられてしまいます。今彼らが言っていることは「(送金した)友人のメールではなく、私のメールアドレスに間違えて送ってしまったから、ペイパルに聞け」というものです。彼らが返金したと言っているのはだいぶん前のことですし、私はアカウントをもっていませんでした。ですから私は最近自分の口座を取得しましたが、何も送られてはいません。ここで質問です。彼らは返金(refund, sendmoneyどちらであっても)は受け取った相手でない存在しないアドレスにできるのでしょうか(友人は最初に相手の送金先を間違えた後に、ペイパルからそのアドレスが登録されていない旨を聞いてお金を払い戻してもらい再び送りました)。
    それとdisputeはお金をまだ受け取っていない相手にもできるのでしょうか?(意図的に送金された金を受け取らないでそのままにしておくことが可能か)
    ご回答よろしくお願いします。

    • crescent より:

      Ryoさん、こんにちは。

      > 彼らは返金(refund, sendmoneyどちらであっても)は受け取った相手でない存在しないアドレスにできるのでしょうか。

      refundは送金人のアカウント(メールアドレス)のみへ返金可能。他の受取人を指定する事は出来ません。

      sendmoneyは実存するメールアドレスであれば、Paypalのアカウントの有無に関わらず誰にでも送金可能です。
      しかし、彼らがRyoさんのメールアドレス宛に送金を行ったのが本当であれば、Ryoさんのメールアドレスには送金があった事を知らせるメールが届くはずです(その時点でのPaypalのアカウントの有無に関わらず)。その後1ヶ月以内であれば送金後に開設したアカウントでも受取りは可能です。

      > それとdisputeはお金をまだ受け取っていない相手にもできるのでしょうか?

      できません。Paypal上に送金の履歴があるもののみ、disputeが可能です。

      お友達がPaypalで支払う時にクレジットカードを資金として払ったのであれば、クレジットカードの発行会社に連絡してチャージバックの手続をとってもらった方が良いと思います。

  • Ryo より:

    支離滅裂な質問にもかかわらず(彼らの対応のせいで気が落ち着かなかったので)早くて丁寧なご回答本当にありがとうございました。
    今日またチャットでかれらに連絡したら「transactionが見つからない、あなたからペイパルに絡してくれ」といわれました。私が「もうしたが、disputeを閉じたから何もできない」といわれたといい、彼ら(セラー)から連絡を取ることはできないのかと聞きましたが、「何度もいうように、あなたのほうから連絡を取らないといけない」といわれ続け、挙句の果てに勝手にチャットのセッションを閉じられました。もう一度開いたところ、「何ができるんだ」といわれた後すぐに閉じられました。この信じられない対応で完全に私たちにもう聞いてくるなといっていることがわかります。疑問なのが、彼らが「refundした」といっていたのに、今回は「ペイパルにdisputeのせいで抜かれた」だのわけのわからないことを言い始めたことです。paypalが取ったから、私たちがそのことについて聞けというのは彼らの前の説明からすると少し意味がわかりません。もうすぐ60日が過ぎてしまうのでカード会社に連絡してchargebackの手続きを取ってもらおうと思います。
    crescentさんは彼らの意図をどのように解釈されますか?300ドル程度の金を騙し取るような企業(いろいろなイベントやサプリメントのスポンサー)じゃないと思うのですが、ただ単にtransactionに問題があるのでしょうか?

    • crescent より:

      > ペイパルにdisputeのせいで抜かれた

      Paypalで一定額以上の取引に対してdisputeがスタートされるとPaypalがその金額分をホールドするのは良くあることです。
      そのためセラー側ではバイヤーに返金されたと勘違いすることもありますが、経験の少ないセラーならともかく、大手のショップでは考えづらいことですね。
      単にその企業のカスタマーサポートが正しく機能していない為だと思います。

  • Sam より:

    こんにちは。
    e Checkで海外の銀行口座から送金したところ、支払金額がアカウントの残高を越えており、42ドルもの料金をペイパルに取られてしまいました。私はそのシステムを知らずに、再びe Checkを使用してしまった為、再び42ドルを取られ、計84ドルも失ってしまいショックを受けています。。。もちろん知らなかった私が悪いのですが、なんだか釈然とせず…。
    これはもう絶対に戻ってくることはないのでしょうか?
    基礎的な知識かもしれませんが、よろしくお願いします。

    • crescent より:

      Samさん、こんにちは。

      echeckの使えない日本のユーザーなので、詳しくは存じ上げないのですが…口座の残高不足によるeCheck手続きの失敗でPaypalがユーザーから手数料を取るという話は聞いた事がありません。
      もしかして、それはoverdraft feeなどと呼ばれる銀行側の手数料ではないでしょうか?
      海外の銀行では口座に残高不足が生じた時に高い手数料を請求される場合があると聞いています。そのための保険もあるとか…
      その料金の請求元がどこなのか?どういった名目での請求なのか?一度調べてみてください。

      Paypalの手数料に関してはUser Agreementのfees部分を参照してください。ここに記載されていない手数料をPaypalが請求したのだとすれば、クレームした方が良いと思います。
      https://cms.paypal.com/cgi-bin/marketingweb?cmd=_render-content&content_ID=ua/UserAgreement_full&locale.x=en_US#8.%20Fees.
      銀行からの請求であれば、銀行の規約・契約内容に目を通された方が良いです。

      お役に立てず申し訳ありません。

  • Sam より:

    crescentさん>
    さっそくのご連絡ありがとうございます。そうなのですか、ペイパルでないとすれば、おそらく私の使っている銀行が引いた手数料だったのだと思います。それにしてもあまりの高額にビックリというかショックというか…。
    海外の銀行口座にはチェッキング口座とセービング口座があるのですが、私はペイパルにチェッキングの口座を登録した筈なのに、その口座から引き落としされずに’other’というセービングでもチェッキングでもない口座から料金を引かれてしまい、今回の手数料を払う羽目になったのです(その口座がなんなのかは不明です、当然お金も入れていませんでした)。
    しかし今ペイパルの支払口座を確認するとやはりチェッキングになっているのです…。しかしその口座番号の上四ケタはチェッキングの口座番号、下四ケタはセービングの口座番号なのです。そのふたつを合わせていきなりotherという口座が出現したのがとても不思議です。。ペイパルの口座はチェッキングと書いてあるのに…そこからおかしくなってしまっていると思うのですが、これはペイパルのミスなのか銀行のミスなのかわからないのでとりあえず手数料の件も含めて銀行に問い合わせてみます。お金が返ってくる可能性はないかもしれませんが…なんだかくやしいので聞くだけ聞いてみます。
    質問に答えて下さり、ありがとうございました。参考になりました。

  • doyanen より:

    こんばんわ。
    ペイパルでセンドマネーを間違えた相手に送ってしまい相手にメールでBecause I have sent it by mistake, please can refund this?
    I wait for an answer.と送ったのですが、返事もなく返金もされず困っています。戻ってくるでしょうか?

    • crescent より:

      送金が完了しているなら、refundされるかどうかは相手次第です。

      しかし、商品代金として送金しているのであれば、Buyer Protectionの対象になるのではないでしょうか。どうしても返してもらえなければDisputeして強制的に相手のアカウントから取返すことは可能だと思います。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network