ヘンな日本語

2005/11/19 21:29

私の出品アイテムは和物が殆どなので、必然的に日本贔屓のバイヤーさんが多いです。
さすがに、漢字仮名を使う人はいませんでしたが、ローマ字で日本語の挨拶だったり、呼びかけがcresent-sanだったり。
こちらが「ヘンな英語でゴメンね〜」と書くと「自分の日本語に比べたら、全然オッケ〜」と言ってくれる方も多くて、いや、あなたの日本語と比べられても困るんだが(苦笑)…と思いながらも、助かってました。

イギリスのバイヤーさんから、アイテムが届いたと連絡がありました。お母さんへのプレゼントにとある品物を買って頂いてそれ以来何度かお取引を続けた方です。そのメールの中にちょっと異質な一文が

「Hahagimi yorokobu.」母君 喜ぶ

「それは良かった」とメールを返しましたが、どこでこの日本語を覚えたのか聞きそびれました…もしかしてイギリスの日本語のテキストってまだこんな言葉が?

そうそう、「どうもありがとう」が「Domo Arigato」と表記されるのが、いつも気になっています。一人だけ「Doumo Arigatou」と表記した方がいらっしゃいました。聞けば大学で日本語のクラスをとっていたそうです(それなら日本語で書かんかい!!)。
この「Domo Arigato」を見ると、どうしても頭の中で、Styxが流れてしまうので、キライです!ドモアリガット ミスターロボット….♪

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

Comments

Comments closed.

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network