ASHで欠航中のヨーロッパの航空便にやや動き

2010/04/20 19:44

アイスランドの火山噴火によるヨーロッパの航空便の混乱に関して続報です。

発生から間もなく1週間、全く飛行機が飛ばせなかったイギリスでも地方の一部の空港で航空便の運行が始まったとか…。このまま混乱が収束に向かえば良いですが、通常通りとなるにはまだ時間を要しそうです。今日の未明には他の火山でも噴火発生のニュースが一瞬流れました。これはすぐに誤報と訂正されましたが、現在の噴火がまた活発化するとか、第2の噴火が発生とか、決してないとは言えません。

移動の手段を奪われて異国で立ち往生を余儀なくされている方々のご苦労、航空輸送マヒによる経済損失、火山灰による短期・長期の気候への影響、日本と同じく多くを輸入に頼るイギリスの食料難など…心配すべきことは沢山あるのですが、このブログはeBayブログですので、専ら日本~ヨーロッパ間のアイテムの輸送への影響に絞ってお伝えさせていただきます。
他のニュースは、いつもイギリスネタでお世話になっておりますtnfuk [today's news from uk+]さんから、「#ashtag 周り、最新ニュースが確認できるURLいろいろ」他でポストされていますので、是非ご覧になって下さい。

UK ロイヤルメールからの情報
今回の噴火で本国アイスランドに次いで影響を受けているのがイギリスです。もっとも早く航空便が運行停止になり、他の国がちょぼちょぼと飛ばしている間も、イギリスだけは全面運休が続きました。
ロイヤルメールから4月20日朝に出された現在の状況のお知らせによれば
Service Update for all customers on Tuesday 20 April – last updated 08:30

イギリス国内の郵便物は、通常から陸送されている地域では遅れは僅か(a small delay)。通常は空路で運ばれる郵便物は鉄道、道路での輸送に振り替えのため、若干の遅れ(a short delay)。翌日配達保証の速達便など一部の特殊な取扱いは停止中。

危機管理計画に基づいてEU内の郵便物は、道路輸送と海上輸送に振り替え。
(しかし、人の移動、他の物資の移動も皆同じ経路へと殺到していますから、通常よりの遅れは避けられないでしょう。)

同じく危機管理計画に基づいて海上輸送へ振り替えられたアメリカ向けの郵便物は、最初の便が4月30日頃到着予定。

え~っと、それ以外は?日本向けは?はいはい、ココに書いてあった。

We are exploring all options possible for alternative routes to destinations in the rest of the world, for as long as the situation continues. In the meantime, this mail is being stored in order for it to continue its journey as soon as alternative routes become available or flights resume.

代替の輸送手段は探し中。その代替手段が使えるようになるか、フライトが復旧するまでは保管…つまり、イギリス~日本への郵便物は、約1週間全く動いてません。

日本~イギリス向けの郵便物はどうでしょうね?
火山灰の影響が出る前にイギリス国内、または近隣の国へ到着済みの荷物であれば、その後はイギリス国内輸送と同様少しの遅れはあっても配達されそうですが、航空便の運休以降は日本から動いていないと考えた方が良さそうです。たまたま、他のヨーロッパ行きに積まれて日本を飛び立った荷物も中にはあるかも知れませんけど、そこから無事に目的地まで辿り着くには、いつもより時間を要しそうです。

他の国はイギリスよりはマシな程度と考えた方が良いでしょう。

今後徐々に運行は再開されると思いますが、暫くは混乱は避けられないと思います。急がず焦らず、正常に戻るのを待ってから発送するか、船便での輸送に切り替えるか、取引相手とも良くコミュニケーションをして下さい。
こんな状況ですから、無理を言ってくる相手は滅多にいないはずです。私の経験からして、こういったトラブルを共有する中では、お互いを気遣う気持ち、共感する気持ちが、いつもより大きくなる気がします。
こんな状況ではありますが、セラーとしては、相手の気持ちを捕まえるチャンス、バイヤーとしては、最近eBeyでは断られる事が増えた安い船便での発送をセラーにお願いするチャンスと前向きに考えましょう。

ロイヤルメールさんのお知らせには鋭意努力中を匂わせつつ状況を説明するのに使える英語表現が満載ですので、ぜひ参考にして下さい。

最後に一つ、小ネタです。
今日未明に誤って伝えられた第2の噴火では「ヘクラ火山噴火!」と名前入り報道されていましたが、こっちの本物の噴火は散々報道されているのに、噴火した山の名前が登場しない事を不思議に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この火山はエイヤフィヤトラ氷河(Eyjafjallajokull)にある名もなき火山だそうです。今回の噴火でその存在感を見せつけて、エイヤフィヤトラ氷河火山とも呼んでもらえるようになったみたい。でも言いづらいので、海外のニュースでも名前を呼んで貰える事は滅多にないらしいです。

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

Comments

2 Responses to “ASHで欠航中のヨーロッパの航空便にやや動き”

  • darby より:

    ドゴール空港一部飛行解除のニュースを見てホッとしております。
    W.ヒューストンは英国からフェリーでアイルランド入りしたとか。なんとか脱出経路確保して欲しいものです。

    ebayじゃないけど先日、久々に米国発送しました。私の過去発送物の中では重量級でした。EMSて意外と安いのね。

    • crescent より:

      darbyさん、こんばんは。

      ヨーロッパ線、取り敢えず飛ぶようになって良かったですね〜。
      何とか言うコメディアンは長距離タクシー飛ばして何千ポンド掛かったとか、まあまあ皆さん大変だったみたいです。

      >EMSて意外と安いのね。
      日本の郵便は安くて優秀です。アメリカの郵便も前は結構割安感あったんだけど、毎年の値上げですっかり高値の花になっちゃったわ。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network