PayPalの手数料が安くなる送金方法-Mass Payment-

2010/10/17 14:30

この記事にはPayPalで既に変更された内容が含まれています。記事内の【Update】をご確認下さい。

ここ数日来、PayPalのキーワードでチェックしてるGoogleの検索結果フィードに「PayPal決済手数料をさらに安くできる知られざる隠し制度と裏技」とかナントカのレポートの紹介が引っ掛って来ます。少額決済向けの話のようなので多分マイクロペイメントを使う方法じゃないかと思うんですけど…
»»PayPalのマイクロペイメントって使える? -Micropayments-
既に2年前から使えるようになっていたこの機能を、今このタイミングでわざわざレポートにする必要があるんだろうか?と思いましたが、日本でもペイパルに関する情報で人が吊れるようになって来たってことですね。無料レポートダウンロードの先にはどんな勧誘が待っているんでしょう?

さて、あっちが少額決済の手数料を安くする方法なら、こっちは少額だろうと高額だろうとペイパルの手数料を圧倒的に安く上げる技を公開したいと思います。メールアドレス登録して無料レポートをダウンロードして下さいなんて、ケチなことは言いません。

Mass Payment

PayPalにはMass Payment(Masspay)と呼ばれる一括送金のサービスがあります。これを利用すると、1つのアカウントから複数のアカウントへ一度の操作で送金ができます。PayPalによればこんな場面で利用するものらしいです。

アフィリエイト手数料
顧客へのリベート
pay-to-surf (P2S)報酬
従業員への特典
くじの賞品
アンケート報酬

この一括支払いの手数料が、何と!送金額の2.0%で$1.00 USDを越えない額…つまり手数料は、1ドルの送金で2セント、50ドルの送金で1ドル…あとは10,000ドル送金したって1ドルなんです。通常の手数料では10,000ドル送金したら300ドル以上掛かりますし、あのeCheckでも手数料の上限は5ドルですから、如何に安いかお分かり頂けると思います。勿論、日本円にも対応しています。

でも、そんな大勢に送金するコトなんてないよ〜とガッカリしないで下さい。必ずしも複数の送金をする必要はないんです。1個の支払いだけでMass Paymentを使っても良いんですよ。

こんなに安い手数料で送金できるなら、みんなこれを使えば良いのに…と思いますよね。しかしMass PaymentはeBayの決済には使えませんし、他の物販で使えるかと言えば、それも難しい。誰でも使える手段ではありません。なぜかと言えば…

ビジネス・プレミアメンバーしか利用できない
手数料は送金側が負担
バランスからの送金のみに対応
通常の送金タブからは支払えない
プロテクションがない

人それぞれ躓き所は違うと思いますが、この辺りがネックでしょうか。
しかし、手数料の掛からないバランスからの個人的理由での送金が停止中の今、この手数料の安さは魅力的じゃないかしら?

一括支払いの手順

Masspay APIを使うとか幾つか遣り方はあるらしいですが、サクッと送金する為の一番簡単な方法を一つだけ。親切丁寧な図解付きで。

一括支払いCSVまず最初に、送金先、送金額などを指定するCSVファイルを一つ作らないといけません。Mass Payment本来の目的で使うなら、エクセルかなんか使う方が楽チンだと思います。しかし、一カ所だけの送金ならノートパッドなどのテキストエディタを開いて「送金先のメールアドレス,金額,通貨」だけ打って、拡張子を.csvにして保存でもOKです。

mass payment
これは通常の送金メニュー。Mass Paymentへの入り口はここじゃありません。
ビジネスかプレミアのアカウントにログインした状態だと、どのページでも左下に「一括支払い」というリンクがありますからそこからスタート。
パーソナルアカウントの人は「一括支払い」は利用できませんのでリンクも表示されません。

一括支払い

そして入力画面。
通常の送金メニューならここで送金先のメールアドレスを入力したり送金額を入力したりなんですけど、Mass Paymentにはそんなテキストボックスはありません。先ほど保存したCSVファイルをここでアップロードします。タイトルとメッセージは必要ならどうぞ。日本語でもOKです。CSVファイルで備考の欄に入力したテキストはメッセージの一番最後に挿入されますが、こちらは日本語だと文字化けします。

一括支払い

はい、こちらが確認画面。
ここで手数料が確認できます。今回は200ドルの送金で手数料は上限の1ドル。手数料は送金額からではなくアカウントから別途引かれます。複数の受取人へ送る時は、それぞれの送金額の2%または1ドルです。
内容がよろしければ、送信ボタンをクリックしてお次へどうぞ。

一括支払い

送金が無事完了〜!

一括支払い

受取側の送金の詳細はこんな風。
手数料、ゼロでしょ?

過去にeBayのバイヤーさんにこの方法で支払わせる方法はないものだろうかと画策したこともありましたが、eBayからのPayPalチェックアウトがスルーとなってしまった今となっては無理です。でも、受取側と送金側で共通の利益になる場合、例えば海外の知り合いに代行をお願いした時の送金などには使えるかも。
手数料激安なMass Payment、使い方はあなた次第です…なんて言ったらペイパルさんに叱られるかしら…

【2011.9.12 Update】
次回のPayPalポリシーアップデートには、MassPayの手数料の変更が含まれています。日本から海外へ送金する場合の手数料上限が大幅にアップとなります。利用予定の方は、PayPalのポリシーアップデートをチェックして下さい。
【2011.9.5 Update】
Mass Paymentは認可制になりました。現在、利用にはPayPalからの認可が必要となります。
【2011.2.10 Update】
手数料が一律US 0.50ドルのPayPal Business Paymentsも現在パイロットプログラムとして一部ユーザーに提供中。
An Overview of PayPal Business Payments
TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

[...] PayPalの手数料が安くなる送金方法-Mass Payment- [...]
[...] ええ!先日記事にしたばかりのMass Payments(一括支払い)の海外送金手数料の上限が5000円に値上げ〜〜?と思ったら、対象は「中国および香港で登録した会員」と言う事で、日本のメンバー [...]

Comments

2 Responses to “PayPalの手数料が安くなる送金方法-Mass Payment-”

  • もこ より:

    久しぶりに一括支払いしようとしたら「認可制」になってました。一度は送金できましたが 再度、試みても支払いできるページにいきません。「個人間送金」ではねられているんでしょうか、、、

    • crescent より:

      もこさん、こんにちは。

      本文末にも追記していますが、Mass Paymentの利用にはPayPalからの認可が必要となりました。送金目的に問題がなければ、電話で認可の依頼を行えば数時間〜1日で利用可能になります。

      また、次回のPayPalポリシーアップデートに、MassPayの手数料の変更が含まれていますので、利用の仕方によってはあまりおトクではなくなる場合があります。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network