イーベイで届け先の住所を伝える正しいお作法

2010/11/19 09:15

アメリカ運輸保安庁(TSA)のテロ対策の煽りで、日本からアメリカ行きの航空便が大きく制限されています。自分は買う方だから大丈夫〜大丈夫〜と思っているバイヤーさん、他人事ではありませんよ。航空便の保安強化となれば遅延は付きものです。さらにホリデーシーズンの混雑が始まりますから、お買い物は心と時間に余裕を持って。

さて、Ship to US onlyなセラーさんを攻略するために、また送料を安く上げるために、海外の知り合いや代行屋さんの住所を発送先にしているバイヤーさんもいらっしゃると思います。
これは別にイケナイ事でもヤマシイ事でもありません。eBayでは、一つのIDに複数のShipping Addressを登録しておくことが出来ます。それは同じ国でなければダメとか、そんな事もありません。世界中どこの住所でも発送先に指定する事ができます。

しかし…正しい手順で行えば何のトラブルも無く取引を終わらせる事ができるんですが、一つ間違うと取り返しの付かない事態に!って程ではありませんが、ちょっと面倒な事態に陥ることがあります。ですから、トラブルフリーなお取引のために、複数の発送先をお持ちのバイヤーさんはeBayでのShipping Address(配送先住所)に関するお作法を頭に入れておきましょう。

作法その1 – 配送先住所を正しい手法で伝えることの重要性を理解する

「配送先住所をお知らせください」「配送先はこちらです」とマニュアルな遣り取りをしている某国内オークションと違って、イーベイでは落札・購入と同時にオートマティックに、バイヤーの住所がセラーへ開示されます。日本だろうとアメリカだろうとShipping Addressを希望の発送先に正しく設定してさえおけば、何も問題ありません。

配送先住所の設定はMy eBay > My Account > Addressesで行います。Primary shipping address(現在の発送先住所)がセラーへ開示される住所になります。
(参考画像はUK eBayです。eBay.comではPrimary postage addressはPrimary shipping addressとなります。)

PayPalのShipping Addressが日本の住所しか受け付けないので、発送先の住所が海外でも大丈夫なのかと心配されているバイヤーさんもいらっしゃるかも知れませんが、現在、eBayからPay Nowで支払った場合は、eBay上のShipping Addressが有効になりますからご心配なく。

問題なのはeBay上の発送先が希望の住所とは別になってしまった場合。
コンタクトフォームから正しい住所を知らせてそっちへ送ってくれるように頼んだら良いんじゃない?と思うかも知れませんが、それではセラープロテクションの条件である「Address in the PayPal transaction details or eBay order details page」から外れてしまうので、セラーさんには都合が悪いのです。過去にセラーにとって Confirmed addressが重要だったのと同じく、今のセラーにとってはPayPal provided addressが重要です。

作法その2 – 説明不要!払ってしまえ

例えばShip to USA オンリーなアイテムで「私は日本在住なんですが、アメリカの転送サービスの住所に送って頂くことはできますか?」とか、ついつい丁寧にお願いしたくなりがちですが、そんなことは一々確認しなくても大丈夫です。希望する配送先の送料が確定しているなら、eBay上のShipping Addressをアメリカの転送先住所に設定して、そのまま支払に進めばアメリカ国内送料が適用された支払画面になります。セラーに伝わるのはアメリカの転送先住所だけ。セラーさんが見るPayPalの支払履歴には「OK to Ship(発送しても大丈夫)」のマークが付きます。

ちょっと不躾なようですが、実はこれが一番セラーにとってもバイヤーにとっても楽な方法だと思います。
払った後で何か言ってくるセラーさんは殆どいないはず。稀に「Member in Japanなのに、どうして発送先がアメリカなの?」とか「Unconfirmed addressには送れない!」とか言われるかも知れませんけど、説明はその時になってからで良いのです。
ただし説明文に予め「PayPal Confirmed Address Only!」「U.S. PayPal accounts Only!」等が書いてあった場合は、セラーへの事前確認が必要です。発送先住所がアメリカでも、日本のPayPalアカウントはConfirmed AddressでもU.S. PayPal accountでもありません。こんな事もあるかも知れません»»払いたいのに払えない〜!PayPalエラーコード#1018

作法その3 – 住所はバイヤーが責任を持つ

幾つかの住所を切替えて使っている場合、どのタイミングの住所がセラーに知らされるのかが問題です。
落札後、アメリカの住所になっている状態でバイヤーがRequest total from sellerすれば、セラーにメールで送られるのはアメリカの住所です。
セラーがinvoiceの発行を行うまでそのままなら良いんですが、日本へ送って欲しい取引とアメリカへ送って欲しい取引が同時進行している場合など、Request total from sellerを行った後にバイヤーがPrimary shipping addressを日本の住所に切替えると、セラーがinvoiceの発行を行う画面では日本の住所が表示されてしまいます。セラーが他の配送先に変更してinvoiceを発行することはできません。
ですから、バイヤーは責任を持って、正しい配送先住所がセラーに伝わるようにしておかなくてはなりません。

イーベイで複数の発送先を切替えて使えるのは便利なんですが、今回はこっち、次回はあっちと頻繁に切替えが必要な場合は、住所毎にIDを使い分けるなどの工夫をした方が良いと思います。バイヤーが思っている以上に、どの住所に送るかはセラーにとって大問題なんですから。

作法その4 – 間違えた住所を正す方法

うっかりPrimary shipping addressの設定の切り替えを忘れていたなど、セラーから希望の住所とは別のinvoiceが届いた時、コンタクトフォームから送って欲しい届け先の住所を伝えてもダメですよ。セラーはinvoice上の住所を変更することが出来ないのですから。
それでは、新しいinvoiceを請求するにはどうしたら良いのか?既にinvoiceが発行済みなのでMy eBayの落札アイテムのリストからはRequest totalの選択肢が消えてしまっています。この時、セラーのMy eBayのリストからもSend Invoiceの選択肢は消えてしまっていますから、コンタクトフォームからお願いしてもセラーはInvoiceの再発行ができません。

まずはPayNowからCheckoutの画面に進んでみましょう。
ここに、住所を変更する為のChangeと、新たなInvoiceを請求するRequest totalがあります。

Changeで登録済みの他のshipping addressに変更することもできますし、現在の住所を変更したり、新しい住所を追加することもできます。
希望の住所に変更すると、Order detailsのShipping and Handlingはその住所への送料に変わります。正しく表示されていれば、Totalを確認してContinueをクリックで支払に進めます。下の画像の例のように送料が表示されない場合、また確認した送料と違っている場合は、可能な場合は自分で送料を入力して支払に進むか、Request totalで正しいinvoiceをセラーに再発行してもらいます。

これは同梱で送料を割引して欲しい時や、事前に確認した送料と食い違ったinvoiceが送られて来た時に送料の訂正をしてもらう場合にも必要ですから、配送先住所が1つだけのバイヤーさんも身につけておきたい作法です。

以上、配送先住所に関する作法、ご理解頂けましたでしょうか。文字で読むと面倒そうですが、実際やってみればそれほど難しくありません。正しい作法を身につけて健やかなるイーベイライフを

【2011.6.23 Update】
eBayで最初に登録する住所 Registration address ではまた別のお作法があります。こっちは世界中どこでも良いという訳にはいきません。
»»飾りじゃないのよRegistration address
TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

Trackbacks

Trackback URL

[...] 送られますから、こちらの方が普段の取引上では重要な気がします。 »»イーベイで届け先の住所を伝える正しいお作法 最近は、アメリカ国内の私書箱サービスや、転送業者を利用してい [...]
[...] 前回の記事で、アメリカの住所持ちならアレコレ聞かずに落札して払っちまえと書きましたが、これが通用しない時が稀にあります。 [...]

Comments

2 Responses to “イーベイで届け先の住所を伝える正しいお作法”

  • darby より:

    こんばんは、crescentさん。
    半年以上もebayやってないと、こんなにも様変わりしてるんですね。
    発送先の変更いちいちセラーにお伺い立てた労力が省かれるとは画期的です!て、amazonとかのシステムに倣ったんでしょうかね。

    • crescent より:

      darbyさん、こんにちは。

      も〜、変更多過ぎです。付いて行けないわ〜。

      そう言えば、amazonとか、大手通販サイトでは住所の切換えは大昔から標準装備ですよね。やはりPaypalのConformed addressが足枷になってたのかしら。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network