Pinterestに似過ぎていると噂のeBayのFeedとは?

2012/10/14 03:09

eBayが新ロゴに切り替わりましたね。もっと違和感アリアリかと思っていたのですが、既に慣れつつあります。

そして、ロゴの変更と共に、eBayが色々なところでルックスを変えつつあります。特にアイテムの写真の見せ方に関しての変更が多々あるようです。アイテムページのトップの画像も500px×500pxと大きくなりました。検索リストのサムネイルも。でも、デフォルトのLargeはデカ過ぎよ…私は速攻でCustomize viewでSmallに変更。

中でも各所で話題になっているのは「Feed」と呼ばれているGallery viewの進化系のような機能。現在はUSサイトの10%ほどのユーザーのトップページでこのFeedが表示されるようになっており、年内には100%この表示に切替える予定だそうです。気の早い方はhttp://www.ebay.com/feedにアクセスしてFeedを有効にすることも出来ます。アメリカ以外では年明けからの導入になる予定です。
Feedには、ユーザーがカスタマイズできる「My feed」、シーズンアイテムやeBayからのおススメアイテムの「Featured」、最近見たアイテムが表示される「Recently viewed」、My eBayのウオッチリスト上のアイテムが表示される「Watching」の4つのタブが用意されています。
My Feedは初期状態ではSaved searchesや閲覧したアイテムの履歴などから選ばれたアイテムが表示されますが、好みのアイテムが表示されるようにカスタマイズできます。
この画像はスナップショットを撮るために少ないながらもルックスの良さそうなアイテムを集めてます。私が普段見ているアイテムの画像からじゃあ、これが精一杯。ファッションアイテムとかなら、もっと素敵なギャラリーになるんでしょうけど。

そして話題の中心は、このレイアウトがPinterestにそっくりだということ。

確かにレイアウトは極似ですが、見た目重視の画像が多いPinterestに対して、eBayの写真はクオリティがバラバラで雑多な感じに見えてしまい美しさに欠けます。今の所はFeedを他のユーザーに公開するなどのソーシャルな使い方は用意されていません。各自がアイテムの閲覧用に使うだけなら綺麗に見せるとかセンス良く見せるとかの配慮は必要ないのでしょうけど、だったら何もFeedである必要はないと思います。

それに買う目的で見るなら画像だけじゃダメでしょう。価格やセラーの信用度など、購入までに至るには画像以外の要素も重要です。

いくら写真が良くても価格が折り合わないアイテムはクリックしません。価格が見えない場合も同様です。これ幾らだろう?とマウスオーバーで値段を確認するまでに持っていくには相当魅力的な写真じゃないと。買う気満々で訪れるお宝ハンターは写真眺めて「あら素敵、これ幾らかしら?」なんて悠長なことはしないと思います。もっとも、そのようなタイプのユーザーはeBayのトップページからアクセスすることも少ないでしょうから、Feedとも縁がないということか…。

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

スカボローフェアは聴き飽きた—PayPal本人確認書類の提出—

2012/10/12 08:30

Are you going to Scarborough Fair? Parsley, sage, rosemary and thyme…

サイモンとガーファンクルでお馴染みのスカボローフェア、これの女性ボーカル版を延べにして4・50分聴いてお腹一杯。すっかり聴き飽きました。
なぜ、そんなにも聴き続けたかって?それはこの曲がPayPalジャパンの保留音だったからですよ。保留中はコマーシャルっぽいナレーションが延々流れるアメリカのカスタマーサービスよりは幾分かマシですけどね。

予てからの不親切な告知通り、10月からは本人確認書類の提出を済まさないとペイパルの送金限度額が10万円までに制限されるようになりました。PayPalの資金移動業者登録に伴う一連の手続きに関しては、暖かく見守って来たつもりですが、8月に業者登録が完了して、10万円を越える送金では本人確認が必要となることは明らかだったのに、今回の後手後手なやり方にはちょっと、否、かなりイラっと来てます。

私が管理しているPayPalアカウントは3つありますが、1つは4月に本人確認書類の提出の依頼が来て既に手続き済み。残りの2つは10月に入ってすぐに送金限度額がどうなっているか確認したところ、今までと変わりなかったので手続きは必要ないのかしら?と思ってました。で、10月6日に見たらなんと!送金限度額が設定されているじゃありませんか!
PayPalのカスタマーサポートの兄ちゃんの話では、この設定の変更は10月4日に行われたそうです。ですから、それ以前にアカウントを確認して私のように安心している人も、もう一度確認してみることをお薦めします。
プレミアアカウントの場合は右側の「Notification/通知」エリアから。


パーソナルアカウントの場合は限度額確認のリンクから入ります。プレミアアカウントの場合もここからも入れます。


すると、こんな感じで限度額が設定してやったぜぃ!ザマアwの画面が出てくるわけです。


この書類提出の手続き、ネットから直ぐに行えるようにしておけば良いモノを…本人確認のボタンをクリックしても、それらしい画面は出て来ますが、先には進めません。「以下のステップにしたがって本人確認手続きを開始してください」と書いておきながら、ステップが何も書いてないんだけど…



まずはPayPalにお電話から

行き詰まったところでどうしたら良いかというと、PayPalのカスタマーサポートに電話して手続きの画面が出てくるようにセッティングをしてもらわないといけません。現在はそういう仕様になっているそうです。仕様という名のバグかも知れませんけど、だったらちゃんとそう書いとけよPayPal!
土日と日本の祝祭日はPayPalのカスタマーサービスもお休みなので、限度額が施されて最初の土日を含む3連休明けの9日は特に電話が殺到したんじゃないでしょうか?
私は9日に2度電話しましたが、その都度スタッフが掴まるまで20分以上かかりました。その割に私の担当をしてくれた兄ちゃんが同じ人だったのは、単なる巡り合わせなのか?スタッフが相当少ないのか?こんな時ぐらいスタッフ増やしとけよPayPal!

ローマ字で登録してます!どうする?

こちらのブログでは、eBayで利用するならPayPalの登録名をローマ字にしておくことを強くお薦めしています。しかし今回の確認手続きにおいては、ローマ字・漢字の表記も一致している必要があります。
ローマ字で登録して居る場合、漢字表記に変えて免許証等で本人確認を行った後にローマ字に戻すか、またはローマ字表記のままで、パスポート+公共料金の領収証(住所入り)で本人確認を行うか、どちらかになります。

漢字表記への変更は意外と簡単

通常は電話でしか対応してないらしい登録名の変更ですが、今回は本人確認書類の提出手続の中で行えるようになっています。


住所の変更も同様に、手続の中で行えます。


簡単過ぎて、このドサクサで名義人自体を変えることも出来ちゃうんじゃないか?

名義変更に伴う手続は、接続環境による?

通常であればこのあとに必要書類の画像をアップロードして書類の提出は終了となりますが、ブラウザなどの接続環境によっては名義変更の為の書類をアップする画面に飛ばされる場合があるそうです…って、私がたまたまその環境だったらしい。

ローマ字→漢字は単なるスペリングの変更には当たらないそうです。

アップする書類は本人確認の為の書類と同一で良いそうです。

名義変更に関する一連の手続が済んだ後は、本人確認書類の提出画面に戻る場合と、マイアカウントに戻ってしまう場合がありました。マイアカウントに戻っても名義の変更は済んでいたので、再度書類提出へ進めば良いわけですが。これまた接続環境とか関係してるんでしょうか?

ここでハタと疑問に思ったのが、ローマ字→漢字で書類の提出が必要なら、漢字→ローマ字もローマ字表記の書類の提出が必要なのか?そしてやはり完了まで数日掛かるような手順を踏む必要があるのか?だとすれば、最初からパスポートで手続した方が手っ取り早くないか?そしてパスポートを持っていないとローマ字表記に戻せなくなるのではないか?
再度20分待ちの電話で確認したところ、漢字→ローマ字の変更は電話すればすぐに対応してくれるらしいです。実際にやってみるまで安心はできないですけど…

パーソナルアカウントですけど

パーソナルアカウントの場合、先にプレミアアカウントにアップグレードしてから、本人確認書類の提出の手続に入るのがPayPalが推奨する手順です。
でも私、もう既に1個プレミアアカウント持ってるしぃ、同一名義でプレミアアカウント2個はダメなんでしょ?とPayPalのお兄ちゃんに尋ねてみたところ、あっさり「問題ないです」と言われました。規約で確認してみれば、日本の利用規約から「Unless otherwise agreed, you may hold not more than one Personal Account or Premier Account and one Business Account… 」の意味合いの文言がなくなってる気がするわ。
しかし、アップグレードに気乗りがしなかったのと、パーソナルアカウントのままで何処まで突き進めるかも検証したかったので、1つはパーソナルアカウントのままで手続を行っています。でもいずれ、累積の送金額が10万円を越えれば、アップグレードする必要があるか…

暗証番号を自宅住所宛てにお送りしました

9日の午後にパーソナルアカウントとプレミアアカウント、それぞれ本人確認書類のアップロードを済ませました。その後は、パーソナルアカウントの方も通知エリアに「本人確認」のリンクが表示されるようになりました。
そして11日の朝に「暗証番号を自宅住所宛てにお送りしました」のメールが両アカウントに届き、今はそれが転送不要書留郵便で届くのを待っているところです。
届いたら、記載されている暗証番号を入力すれば、一連の手続は終了です。
後は、必要であれば名義をローマ字に戻す手続を行って、これで元通り?

これを機会に日本のアカウントは漢字表記とローマ字表記と両方登録しておけるようにすればいいのに。名義がローマ字に戻るまで、海外に送金する必要が無いと良いけど…

限度額解除編はコチラ»»私は完了しましたーPayPal本人確認書類の提出ー

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

日本宛以外の送料は見れないの?

2012/10/10 08:30

先日(10月9日 am2時頃)eBayのUKサイトが繋がり難かったので、.comやモバイルサイトからのアクセスも試してみたのですが同じく激重。ブラウザを変えたり、OS変えたり、ごにょごにょしているうちに結局元に戻ったのですが、何だったんでしょうね?eBayのSystem Announcementsでは特に障害情報は出ていないようです。

そんなこんなで久しぶりに訪れたアメリカサイトでアイテムの閲覧をしていて気が付きました。あれあれ?Change countryのプルダウンが出来ない。日本以外の送料が見れないじゃないですか〜!


日本向けの送料が設定されていないアイテムのページでも同じ。参考までにとUS国内向けの送料や他国宛の送料を知りたくても見ることが出来ません。
試しにShipping addressを日本以外に変えてみましたが、やはり同じく、日本向けの送料しか表示されません。ログアウトした状態でも同じ。
ソースはこんな感じでしたから、これはアクセス元の地域から判断されてるとしか…

<select name="country" id="shCountry" class="sh-TxtCnt sh-InlCnt" disabled="disabled" >
 <option value="-99" selected>-Select-</option>
 <option value="4" >Afghanistan</option>
         :
 <option value="102" >Jamaica</option>
 <option value="104" selected>Japan</option>
         :

UKサイトでは今まで通り日本以外の国の送料も見ることができますから、私は今の所は困るコトないです。
しかし、アメリカサイトでのユーザのアクセス情報(特に地域情報)に対応させたパーソナライズは、この送料の件以外にもお薦めされるアイテムとか…余計なお世話満載でスマートさに欠けるところがあるような…これが他国のサイトに波及しない事を祈ります。

TumblrPinterestHatenaGoogle+Share

eBay力アップのために読んでおきたい関連記事

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network