タグ「支払い方法」に該当する記事は 46 件あります

私は完了しましたーPayPal本人確認書類の提出ー

PayPalジャパンの資金移動業者登録に伴う本人確認書類の提出に関して、私の場合、このような経過となっています。サイトの「Notification/通知」の欄から、「Confirm Identity/本人確認」をクリックして暗証番号を入力。直ぐに「[PayPal]お客さまの本人確認が完了しました」のメールが届き、限度額の解除は完了。ローマ字表記への変更は電話での変更を行いました。クレジットカード事業者との合意ができれば、送金のみで利用してるユーザーの本人確認はそれでOKなんじゃないかなと考えていたのですが…準備不足とも思える状態で送金に制限を掛けて来たのは、アテにしていたカード会社の協力が得られず、監督当局からせっつかれてのことか。

スカボローフェアは聴き飽きた—PayPal本人確認書類の提出—

10月からは本人確認書類の提出を済まさないとペイパルの送金限度額が10万円までに制限されるようになりました。現在、仕様かバグか分かりませんが、PayPalに電話して手続きの画面が出てくるようにセッティングをしてもらわないといけません。

PayPalから本人確認書類ご提出のお願い–資金移動業者登録への動き

PayPalから日本のユーザーへメールで「本人確認書類ご提出のお願い」が届き始めているいるそうです。やっと、資金決済法の資金移動業者登録に本腰を入れるようですね。これで、日本での企業向けの営業活動が随分とやり易くなるんじゃないでしょうか。日本でPayPal Hereが使えるようになる日も遠くないかも。書類の提出は郵送で、提出期限は2012年5月14日(消印有効)。提出しないと、2012年7月1日以降支払の受取ができなくなります。

支払いを忘れないでね–eBayからのお願い–

1人のセラーさんから複数のアイテムを落札したい時など、支払を数日待ってくれるようにお願いするのは良くあることです。ところが2日位経って、突然支払を催促するメールがっ!Please remember to pay for your item so that the seller can ship it to you as soon as possible.…このメールはAutomatic payment reminders。落札から48時間経過しても支払が完了していない場合にeBayが発送する自動メールです。

PayPalとは曖昧な関係のままでいたいの

インドでは3月からPayPalの利用が大幅に制限されます。インド中央銀行RBIの新しい規制を遵守するためです。PayPalがアメリカ以外の国へサービスを拡大するにあたって、各国の法規制への準拠が求められます。その為にコンプライアンスチームの増強が必要となっています。ローカル化されて利便性が失われるくらいなら、今まで通り外国の便利なサービスを日本から使わせて頂いてますという状況の方が、主に海外送金の手段としてPayPalを利用して来た既存のユーザーにはまだマシなのかも知れません。

クレジットカード無しでもeBay・PayPalできますか?

PayPalバランストレードのサイトが動き出しているみたいですね。バランスの売買がPayPalポリシーからどのように判断されるのか私には分かりません。ウェブマネーでも、現金でもですが、ペイパルのアカウントを開設してバランスを購入したのに、イザ払おうとするとクレジットカードの登録を求められて払えません!という困った状況の方がいらっしゃるようです。

払いたいのに払えない〜!PayPalエラーコード#1018

アメリカの住所持ちならアレコレ聞かずに落札して払っちまえと書きましたが、これが通用しない時が稀にあります。PayPalエラーコード#1018。落札後、Pay Nowから支払に進んでも、こんなメッセージで支払えない事があります。We were unable to process your payment due to the seller’s PayPal payment receiving preferences”. Error Code #1018

PayPalの手数料が安くなる送金方法-Mass Payment-

あっちがマイクロペイメントで少額決済の手数料を安くする方法なら、こっちは少額だろうと高額だろうとペイパルの手数料を圧倒的に安く上げるもっと知られざる隠し制度と裏技を公開したいと思います。PayPalにはMass Payment(Masspay)と呼ばれる一括送金のサービスがあります。これを利用すると、1つのアカウントから複数のアカウントへ一度の操作で送金ができます。

銀行口座振込に気乗りしない時のメール

久々に取引中の生メールです。「日本へ送ってくれますか」と「入札できるようにして下さい」の定番フレーズに加えて、角を立てずに銀行口座振替をお断りするための例文。例文と言っても、私の英文は動作確認のみで細部の点検はしておりませんので、ジャンク扱いでお願いします。UKオンリーの所、頼み込んで入札したアイテム。久しぶりに本命なアイテムだったので慎重に慎重に、事を進めました。

投げ銭、おひねり感覚とはちょっと違うかもペイパル寄付ボタン–PayPal Donation–

PayPalの日本進出で、「寄付ボタン」に興味を持っている方が結構多いのに驚きました。現在、日本のPayPalアカウントではDonationボタンは作れない事になっています。これは資金決済法の認可の関係でペイパルlが個人間の送金を停止しているからというのが尤もらしい理由として語られているようですが、本当でしょうか?

ウエスタンユニオン資金決済法の事業登録完了

日本への再進出が決まったウエスタンユニオン(Western Union)の資金決済法に関する事業登録完了のプレスリリースが出てました。送金方法としては早いし安全ですが、支払い方法として安全かどうかはまた別の話です。ネットでの買い物の支払にも安全に使えるだろうと錯覚する人が増えないと良いですけど。

たかが30セントされど30セント-PayPal U.S.の手数料変更-

6月11日にPayPalの手数料規定のお知らせがありました。変更されるのはチャージバック手数料、Refund (返金)の際の手数料など。この変更はアメリカとカナダだけに適用されるもので、日本のセラーさん方には関係ないです。バイヤーさん方に影響があるかも

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network