タグ「キャンセル」に該当する記事は 10 件あります

FVF、払ったら最後と思うのはヤフオクのせいですか?

eBayのFVF(落札手数料)は、取引の完了・未完了に関わらず、請求されます。でも、どうかご心配なく。
Resolution Centerを通じてUnpaid item casesまたはCanceling a transactionの手続きが適切に完了すれば、ちゃんと次回以降の手数料の支払額から差し引きされます。セラーかバイヤーに自動的に悪評価が付いてしまうなんて事もありません。

イーベイのキャンセル手続きまとめ

「非常に悪い」の評価を抜きにはシステム手数料を無しに出来ないヤフオクと違って、eBayでは手続さえ間違わなければキャンセルを双方丸く治めるつつ、手数料の返還を受ける事ができます。
そのeBayにおけるキャンセル手続と、結果をまとめてみました。

未払いキャンセル問答無用 -Unpaid Item Assistant-

Unpaid Item Assistantとは、セラーが設定した支払い期限を過ぎてもバイヤーからの入金が無いと、eBayのが自動的に未払いの申立てをスタートさせ、その後4日過ぎても支払いが行われない場合は、申立ては自動的にクローズされて、Final Value Feeも自動的に払い戻されるシステムです。

飲んだら買うな 買うなら飲むな

2度目のsekaimon国際配送料無料キャンペーンにまんまと乗せられて、またしてもアメリカeBayで大量入札しています。酔った勢いに任せてWatchに入れておいた大量のアイテムへ、説明斜め読みで、バシバシと入札。入札の時は説明文を良〜く読んで、写真も良〜く見ましょうね〜

複数でも1つです

イーベイの出品時の設定にはQuantity(数量)の項目があります。落札価格は終了価格×数量となるのは皆さんご存知だと思います。ところが、この数量を勘違いしているセラーさんに立て続けに遭遇して少々面食らいました。

確実にキャンセル出来る方法あります

オークションが終了して落札者になった。でも何かの理由で、買いたくない・取引をしたくない・払えない、つまりキャンセルしたいのであれば唯一確実な方法があります。払わなければ良いのです。支払わなければセラーはアイテムを送っては来ないですから、これで希望通りにキャンセルができます。良かったですね。

キャンセルは「しない」「させない」…

キャンセルについて、ちょっとバイヤー側に厳しく書きましたけど、バイヤーだけが一方的に悪いのではない事は良く知っております。支払方法や発送方法の説明が不十分だったり、出品時には曖昧にして後からメールでだけ厳しい条件(Paypalのクレカ払いダメとか、Unconfirmed addressお断りとか)を知らせてきたり、先に聞いていた送料より高い送料を請求したり…

なに〜??キャンセルだ〜??

キャンセルさせて〜とメールを受けたらセラーはどうするか?キャンセルは許さん!絶対払え!でも良いですし、面倒だから放置!でも良いですが、落札者がいて終了したオークションではFinal Value Feeも取られるし、再出品にも手数料が掛かります。悔しい!こんなバイヤーには何かペナルティーを!

キャンセルしたい!

キャンセルしたい理由は色々あるみたいですが…中にはセラーが連絡して来ないなど、相手の対応が悪過ぎて取引したくないと思う事もあるでしょうけど、理由の内の幾つかは入札の前にオークションの説明文をちゃんと読むか、質問していれば回避できる事。それじゃキャンセルできない?それなりのペナルティを受ける覚悟があるのなら、取引しないで済みますよ。

入札を取り消したい -Bid Retractions-

eBayでは入札者が自分の操作で、自分の入札を取消す事が出来ます。ただし、何でもかんでも取消せるわけではありません。それではオークションが成り立たなくなってしまいす。入札の取り消しのルールを良く読んで、その条件に当てはまる場合のみ、取り消しが可能です。条件の一部抜粋。取消しには理由が必要です。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network