タグ「ブラックリスト」に該当する記事は 9 件あります

自爆気味Question & Answer

セラーの設定するBuyer Requirements(入札者の条件)に引っ掛かった場合、バイヤー側にはどの項目でブロックされているのか表示があります。通常は、どれか一つが表示されるみたいなんですが、複数項目に引っ掛かった時の表示ってどうなるんでしょうね?

イーベイバイヤーさんも必見 -セカイモンの要注意出品者リスト-

TRS以外のセラーのアイテムも取扱い対象に戻すための措置として、セカイモンさんは独自の評価基準を設けたようです。LAの物流センターに到着まで長期間要したり、アイテムに問題のあったセラーのeBay IDを要注意セラーとして公開。重大なトラブルを招いたセラーとしてsekaimonで取扱い対象外になっているセラーのeBay IDも公開しています。

ブラックリストデータ共有サイトRepXchange存亡の危機

以前、ブラックリスト入りバイヤーのデータを共有できるサイトRepXchange.comを紹介しました。悪質バイヤー情報を共有 -RepXchange- それから丁度1年が経ちました。課金なし、広告なしで運営して来たサイトが今、存亡の危機に立たされています。

Buyer Requirements(入札者の条件)-入札できない!!-

こんな警告が出て入札出来なかったら、Buyer Requirementsの設定が原因です。出品ページからはどのような制限が掛けられているか分かりません。引っ掛かって初めて気が付くと思います。そこで、セラーアカウントの中の設定項目と対処法をご紹介しようと思います。

悪質バイヤー情報を共有 -RepXchange-

バイヤーがNegative FBを受ける事の無くなったeBayでは、セラー同士が問題のあるバイヤーの情報を共有する手段がありません。RepXchange.comは、eBayのセラー同士が、ブラックリストに入れているバイヤーのデータを共有できるサイトです。

無いよりはマシ? -Report a problem-

今までは1ヶ月に2回Unpaid Item strikesを受けたバイヤーのみのブロックだったのですが、Unpaid Item strikesを受けた回数(2〜5)と、期間(1・6・12ヶ月)を選択出来るようになりました。イーベイの規約違反として報告された回数(4〜7)と、期間(1・6ヶ月)を選択して該当するバイヤーをブロックします。「Buyers with policy violation reports」でブロックする機能を生かすために、レポートがより簡単にできるようになりました。

あらっこんな画面が!-Ship to XXX only-

アメリカ国内にしか発送しないセラーさんのアイテム。メールでOKの返事をもらったので入札しようとしたら、こんな画面が…このアイテムはあなたのお住まいの地域には発送されない場合があります。…もしやBuyer RequirementsのShip toの条件が設定されてた?!

入札者制限、よりきめ細かく...

以前紹介したeBayでの入札制限設定(Buyer Requirements)。初期設定で一括の設定しか出来ませんでしたが、アイテムごとの設定が出来るようになりました。例えば、高額のアイテムだけ設定を厳しくしたい時など、よりきめ細かい設定が出来るようになります。

Buyer/Bidder Management(入札者の管理)

Buyer Requirements(入札者の条件)はセラーのアイテム全体・アイテム毎の条件を決定します。個々のバイヤーの入札を許可したり、ブロックしたい場合はBuyer/Bidder Managementで設定します。ヤフオク式に言えばブラックリスト。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network