タグ「英語」に該当する記事は 13 件あります

非売品です! Not for sale! なに?売りもんじゃねえ!?

日本のオークションサイトでタイトルに「非売品」と書いてあれば、それはCDやゲームの予約特典とか販促用のノベルティグッズとかペットボトルのオマケとか懸賞の商品としてのみ出された品物とか、市販されていない、お金では買えない、希少価値のある物といったイメージがあります。ところが、それと同じ感覚でeBayのタイトルや説明文に「NOT FOR SALE」と入れると、誤解を生じる場合があるようです。

そうだ!このブログのタイトルは英語 de eBayだった

先月はsekaimonさんでの落札が多かったのと、eBay直の取引の方もいたってスムーズで、セラーさんに質問とか交渉事とか一切ありませんでした。そうなると私の場合、日常生活でコミュニケーションに英語を使う場面が一切なくなります。(そしてブログのネタもなくなります…)

2つの未来 -willとbe going to-

日本人の英語の著者、マーク・ピーターセンさんの「心にとどく英語」を買いました。英語の例文は軽く読み飛ばしつつですが、日本語で書いてある部分だけでも「そうそう、そうなのよ」とうなずける所が沢山です。前2作よりもさらに言葉に込められた人の気持ちの部分に主眼を置いた内容だと思います。

Googleの日英翻訳はタマにスゴい

この通りgoogle翻訳は、文法ダメダメ、マトモな会話が出来ないヤツです。しかし、ごくタマ〜にキラリと光るモノが…例えばコレ!秋刀魚の味→An Autumn Afternoon。「さんま」と「味」は何処へ行ったのよ!と野暮は言わないで下さいね。

日本人の英語

日本人特有の英語の間違いを扱った本は沢山ありますが、ネイティブな著者の日本語訳だったり、日本人が纏めた物だったりで、どこかにネイティブ感覚とブレがあるような気がして、手を出せずにいました。しかし、先日背表紙買いして大当たりだったのがこの本。古本屋の100円コーナーから見つけました。

「other」と「another」

英語をちゃんと学んできた人からは、何を今更言ってんの??と鼻で笑われるかも知れないけど... 私大発見をしました。 私、今の今まで「other」と「another」の違いがピンと来なかったんです。 さっき「他のアイテム」 [...]

What does this "what" mean?? 関係代名詞のwhat

学校で習ったんだろうけど、Whatの関係代名詞での使われ方…疑問文、感嘆文で使われるwhatは覚えていたけど(当たり前だ!)、関係代名詞のwhatは全然記憶の中にありませんでした。多分、居眠りでもして聞いてなかったんでしょう。

関係代名詞って素晴らしい

こんな文を読んでいると、学校で習った関係代名詞の訳文を思い出します。That以下は後ろからかかって前のbookを修飾するみたいな説明をされたような気がします。習った頃は、へぇ〜、外人さんは何でこんな面倒なことするんでしょう?と感じたものですが

I am sorry.

謝罪を表す言葉、「御免なさい」「済みません」「申し訳ありません」などは、「Sorry」よりも「Excuse me」「Forgive me」「Pardon me」の方が適当な場合があります。英語は英語のまま理解する。英語で言いたい事は英語で考える。こうなれたら良いなと思っています。

駅前短期留学

eBayを始める前には、人並みに英会話学校に通って英語を習おうと思った時期もありました。
幾つか有名どころの英会話スクールに体験入学をしてみて思った事…どの学校も講師は男性で、みんな若くてカッコいい!

英語の辞書 -Urban dictionary-

辞書ついでにもう一つ。Urbandictionary.comと言うサイトがあります。私は英語版「現代用語の基礎知識」と呼んでいますが、そこまで硬い感じではなく、もっと俗っぽいスラング辞典と言う方が良いかも。新しい言葉でも、古くからの意味が違って使われるようになった言葉でもユーザーが独自の定義を加えてサイトにアップする。

英語の辞書 -英辞郎-

eBayを始める前から英辞郎と言う電子辞書を使っています。ネットで海外のサイトを見る時に、Web翻訳は殆ど使い物にならなかったし、普通の辞書では出て来ないスラングやイディオムの意味を知るのに何か良いものはないかと探していた時に@Niftyの英語関連のフォーラムでこの辞書が紹介されていました。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network