タグ「2009春の変更」に該当する記事は 6 件あります

クレームはPayPalから?それともeBayから?

アメリカのイーベイ eBay.comとイギリスのイーベイ eBay.co.ukでは、買い手保護プログラム(Buyer Protection)の手続のスタート場所がPayPalからeBayへと変更になりました。eBay・PayPalの問題解決手段へ進む前に、セラーとコミュニケーションを取る事を怠らないで下さい。直接交渉でより良い条件を引き出すのが賢いバイヤーの方策です。

説明文を書きかえる凄いカエル -Edit Listings in Bulk-

昨年秋から先延ばしになっていたReturn PolicyとHandling Timeの記載義務化、今回は予定通り始まったようですね。この2つの項目はeBayに標準装備されているEdit Listings in Bulkで一括編集できますから、それ程難儀な事でもないでしょう。Item Descrptionの一部を修正する必要が生じた場合は、1アイテムづつreviseで変更していく必要があります。

Immediate payment requiredは何処へ行った?

Immediate payment required(即時払い)のアイテムを探してました。eBay.comでは新アイテムページが表示されるようになっています。アイテム情報の所はこんな感じ。何処に行こうと確認出来るなら良いのですけど、なんせもう、価格→残り時間→Ship to…と追う目の動きがすっかり出来上がってしまってますので…あるべき所に無いとチェックも忘れそう。

新しい補償プログラム -eBay Purchase Protection Policy-

eBayの新しい買手補償プログラムに係る規約変更についてのお知らせです。6月8日から適用。サービスを利用する以上は、規約に同意しているものと見なされます。知らなかったでは済まされません。

また電話? -eBay Resolutions-

イーベイの2009年春の変更の中で、eBayが仲介に入るという新しいeBay Resolution processが既に始まっているという情報が…画像を見てぶっ飛びました。電話だ!電話だ〜!
他のカスタマーサポートの手段でも電話によるサポートが取り入れられましたから、これも当然の流れなのでしょう。

イーベイ、この春の変更

eBay.comでこの先に予定されている変更点がアナウンスされてます。昨年は変更が目白押しで色々と混乱も生じたので、今年から変更点は年に2・3回に分けて、変更が行われる60日前にはお知らせする事になりました。今年は2回このような大きなお知らせが行われます。これはその1回目。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network