タグ「Anti counterfeiting (コピー品対策)」に該当する記事は 4 件あります

フランスの判決とアメリカの判決 -eBayブランド訴訟-

eBayには摘発の義務なし–ティファニーの偽ブランド品オークション訴訟で(CNET News.com)。私も先日オークションではありませんが、パクリもんをそうとは知らずに購入して怒っています。70% OFFの大幅値引きに吊られて、定価14800円だったバックを4440円で購入してかなりいい気になってました。そのバックを持ってお洒落アイテム関係の会社に打合わせに行ったところ、言われたんです。

eBay安全対策班のエラい人 Rob Chesnutさん休暇中

eBayが何を基準に出品を制限しているのか明かされる事はないでしょう。制限の為のチェックポイントは大きく分けて2つ。セラーのアカウントと出品内容アカウントに関しては、フィードバックの数、Positive/Negativeのレート、登録期間、そしてPaypalのアカウントもチェック対象です。PayPalの利用拡張登録は最低限必要でしょう

出品できない〜!–4つのsafeguards–

大手ブランドから訴訟まで起こされたeBayは、偽物が出品されそうなブランド名・メーカー名のリストを作り、その名称が含まれる出品は軒並み規制をかけるという手段に出ました。中国といえば偽ブランドのイメージはあるし、eBayのフォーラムでも中国バッシングが激しかったのですが、マトモなセラーだって居ただろうに。

出品できない〜!–PayPal Verified–

追いつめられたeBayが偽ブランド対策に乗り出しました。Paypal上で利用拡張登録を完了させアカウントを「Verified(認証済み)」にする。eBayのIDとPaypalのアカウントをリンク(Link)させる。この2つはeBayに参加する上で本人確認の為の重要な手続きです。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network