タグ「Buyer Protection (買い手保護)」に該当する記事は 21 件あります

国際出品規約に同意して下さい –International Selling Agreement–

昨日、EU圏とオーストラリアのeBayサイトで一斉に同じ内容のアナウンスメントが配信されました。国際出品 – UKとアイルランドの出品者対象の新たな国際出品規約(International Selling Agreement)。お決まりの注意事項ですね。その同意する内容に関しては今までと大きく異なる部分はありません。明文化されただけです。出品したかったら「I agree」をクリックして下さい。

PayPalバイヤープロテクションの適用が拡大

ペイパルジャパン株式会社は29日、オンライン決済サービス「PayPal」において、「バイヤープロテクション(買い手保護プログラム)」の日本における適用範囲の拡大を発表した。マトモな内容であればかなりの高確率でバイヤー側に有利の裁定がなされます。そして、PayPalで支払った代金全額が戻ってきます。未着(INR)ならまずはコレで解決なんですけど、問題はSNADでのクレームの場合です。

11月からのPayPalの規約変更-Notice of Policy Updates-

11月からペイパルの規約が少々変わります。日本では2010年6月29日から商品未受領(INR)の場合のプロテクションがeBay以外のサイトへも拡大されています。さらに11月1日からは、説明と異なるアイテムが届いた場合も未着のケースと同様に補償を受ける事が出来るようになります。

クレームはPayPalから?それともeBayから?

アメリカのイーベイ eBay.comとイギリスのイーベイ eBay.co.ukでは、買い手保護プログラム(Buyer Protection)の手続のスタート場所がPayPalからeBayへと変更になりました。eBay・PayPalの問題解決手段へ進む前に、セラーとコミュニケーションを取る事を怠らないで下さい。直接交渉でより良い条件を引き出すのが賢いバイヤーの方策です。

何も今新しくなった訳じゃない -eBay Buyer Protection-

eBay.comでは先日からBuyer Protectionの表示が新しくなったようですね。ご丁寧にNewの表示まで付いてますが、今の今に新しくなった訳ではありません。気を付けて欲しいのは、この規約が適用となるのはeBay.comだけだという事。

情けは人のためならず -Paypal Desputeの顛末の顛末-

以前に、落札価格が安過ぎて取引きを渋ったセラーさんとのまったりとしたPaypal Desputeの顛末をお話しました。本日、このセラーさんとの2度目お取引のアイテムが届きました。9月3日の落札から10日で取引完了。ちょっと張込んじゃったけど、最近では珍しいくらいの逸品です。この人を生かしておいたのは、やはり正解でした。

日本のチャージバック事情

PayPal Buyer Protection(ペイパル買い手保護プログラム)が期限切れで使えない時、Buyer Complaint(買い手によるクレーム)で支払ったお金の一部しか取り返せなかった時、そんな時でもクレジットカード会社経由でチャージバッククレームを提出すれば、お金を取り戻せる場合があるという事をご存じない方が多いようです。

PayPal買い手保護プログラムに関するポリシーおよび買い手によるクレームに関するポリシー

長〜いタイトルですが、これは「PayPal Buyer Protection Policy and Buyer Complaint Policy」のPayPalによる日本語訳。まあこのように、PayPalで支払えるアイテムなら出品サイトによって上限額は異なりますが、購入する側には大っきなプロテクションが付いています。

新しい補償プログラム -eBay Purchase Protection Policy-

eBayの新しい買手補償プログラムに係る規約変更についてのお知らせです。6月8日から適用。サービスを利用する以上は、規約に同意しているものと見なされます。知らなかったでは済まされません。

また電話? -eBay Resolutions-

イーベイの2009年春の変更の中で、eBayが仲介に入るという新しいeBay Resolution processが既に始まっているという情報が…画像を見てぶっ飛びました。電話だ!電話だ〜!
他のカスタマーサポートの手段でも電話によるサポートが取り入れられましたから、これも当然の流れなのでしょう。

いよいよUnconfirmedの呪縛から逃れられる時が

バイヤープロテクション補償額無制限がアメリカのeBay.comでもスタートしました。今回の変更で一番嬉しいのは、Seller Protection Program から Confirmed / Unconfirmed addresses の縛りがなくなる事の方です。

一足お先に、eBay.ukでBuyer Protection無制限

イギリス・イーベイでは10月1日より、Paypal Buyer Protectionでの補償額の上限が撤廃されました。近々、アメリカ・イーベイ eBay.comでも同じく、補償額は送料も含む、Paypalでの支払額の全額までになる予定です。日本のバイヤーさんには、そこそこ朗報でしょうか。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network