タグ「入札制限」に該当する記事は 16 件あります

自爆気味Question & Answer

セラーの設定するBuyer Requirements(入札者の条件)に引っ掛かった場合、バイヤー側にはどの項目でブロックされているのか表示があります。通常は、どれか一つが表示されるみたいなんですが、複数項目に引っ掛かった時の表示ってどうなるんでしょうね?

新規のバイヤーさんが入札制限される訳 {e31797-638989x}

6月に入り、入札を阻まれるバイヤーさんが続出しています。eBayのAnswer Centerでも立て続けに質問が入っていました。共通なのは登録から1ヶ月未満、フィードバック数はほぼゼロ、そして米国以外からの登録者であること。つまり新規の日本のバイヤーさんは、この問題に遭遇する条件にピッタリなんです。バイヤーさんが遭遇しているメッセージはコレ{e31797-638989x}

入札できない!やっぱりNot available to Japanなのね…

ウオッチリストに入れていた入札予定のアイテムの説明書きに「PayPal confirmed address required!」と書いているのに終了3時間前に気が付きました。アメリカから出品されているこのアイテムは、ありがたい事に Ships to: United States, Canada, United Kingdom, Japan. このセッティングならJapanese Buyer Welcomeの証と思って問題ないはず。急いでセラーさんにAsk a question。

最初の一歩でコケないために

IDが取れないなどの登録時のトラブル、スタートしてすぐのIDの停止などについて質問を頂く事があります。eBayの規定が以前よりも厳しくなっているのはなにも新規IDに限ったことではありませんが、活動履歴ゼロの新規のIDには制限に掛かり易いです。

入札できなかった…

UK onlyのアイテムで、日本への発送をOKしてもらったのに、Buyer Requirementsのが仕掛けてあるかの事前チェックを怠りました。3秒前で「オラアーッ!」とビッドしたら、このメッセージです。This seller has set buyer requirements for this item and only sells to buyers who meet those requirements.
You are unable to bid on or buy this item because: The seller doesn’t post to the country where your primary postage address is located.

えぇ〜!日本へ送ってくれないの? -See exclusions-

細かく発送先を設定するための Exclude ship-to Locations(発送先から除外する国)のオプションが導入されましたが、わざわざ日本を除外するセラーさんもそうそう居ないだろうと思っていたら、早くもJapanがExcludeされてるアイテムに出会ってしまいました。試しに入札してみたら、Buyer Requirementsの発送先条件で阻まれてしまいました。

Ships to Worldwide でもアンタの国だけには発送してやらん! -See exclusions-

アイテムページに見慣れない表示を見掛けました。「See exclusions」、SR2で追加された発送先から除外する国(Exclude shipping locations)を設定している場合に現れるらしい。クリックするとShipping and handlingに飛んで除外されている国の確認が出来ます。このセラーさんの場合、除外設定されていたのはイタリアでした。

ブラックリストデータ共有サイトRepXchange存亡の危機

以前、ブラックリスト入りバイヤーのデータを共有できるサイトRepXchange.comを紹介しました。悪質バイヤー情報を共有 -RepXchange- それから丁度1年が経ちました。課金なし、広告なしで運営して来たサイトが今、存亡の危機に立たされています。

Buyer Requirements(入札者の条件)-入札できない!!-

こんな警告が出て入札出来なかったら、Buyer Requirementsの設定が原因です。出品ページからはどのような制限が掛けられているか分かりません。引っ掛かって初めて気が付くと思います。そこで、セラーアカウントの中の設定項目と対処法をご紹介しようと思います。

悪質バイヤー情報を共有 -RepXchange-

バイヤーがNegative FBを受ける事の無くなったeBayでは、セラー同士が問題のあるバイヤーの情報を共有する手段がありません。RepXchange.comは、eBayのセラー同士が、ブラックリストに入れているバイヤーのデータを共有できるサイトです。

無いよりはマシ? -Report a problem-

今までは1ヶ月に2回Unpaid Item strikesを受けたバイヤーのみのブロックだったのですが、Unpaid Item strikesを受けた回数(2〜5)と、期間(1・6・12ヶ月)を選択出来るようになりました。イーベイの規約違反として報告された回数(4〜7)と、期間(1・6ヶ月)を選択して該当するバイヤーをブロックします。「Buyers with policy violation reports」でブロックする機能を生かすために、レポートがより簡単にできるようになりました。

またの機会に

終了前ギリギリまで入札を待ちたい所ですが、ちゃんと制限が解除されているのか確認しなくては。
入札してみると嫌な予想が的中で再び、入札拒否に遭ってしまいました。
もしかして、しつこくてイヤなビッダーだから、Block Bidderの方に入れたんじゃないでしょうね。

  • 日本郵便からのお知らせ (国際・国内)

  • Find me on Social Network