コレはヒドイ…FVF計算方法の変更でアジアセラー狙い撃ち

eBayジャパンからこんなアナウンスメントが出ました。一部APAC地域の出品者を対象とした落札手数料(FVF:FINAL VALUE FEE)計算方法の変更。変更というか、これまた事実上のFVF値上げ。ただでさえ、アメリカ国内向け送料の縛りでは不利な立場を強いられてるのに、国外向け送料までマイナスの格差を付けられるとは…

戦略的送料設定のために

実費+ハンドリングのボッタクリ送料でも商売が成り立った時代から、一部カテゴリに送料の上限制が導入され、実費と送料の差異に不満を漏らすのがバイヤー側からセラー側へとシフトしました。eBay.comの落札手数料(FVF / Final Value Fee)がアイテム価格+送料への課金となり、S&Hに利益を載せる旨味は全くなくなりました。セラーにとっては実質の手数料値上げとしか思えない2011 Spring Seller Updateの中の改変ですが、これによって、セラーも送料の実費という概念をスッパリ捨てることができるかと思うと、そう悪い事でもないような気がしています。

つまリ送料無料で出品するよろし-2011 Spring Seller Update-

eBayからは、恒例のセラー向けアップデートのお知らせが出ています。2011 Spring Seller Update。皆さん気になるところは、やはり手数料でしょうか?eBayが3年間掛けて行ってきたオークションコミュニティからバイヤーに優しい分かり易く安全なマーケットプレイスへの改革…つまりはamazon化…を更に確実なものとする変更です。