なに〜??キャンセルだ〜??

この記事にはeBayで既に変更または廃止された内容が含まれています。記事内の【Update】をご確認下さい。

【2010.3.25 Update】
2010年3月より、キャンセル・Unpaid itemに関する手続きが変更になりました。

名称の変更
 旧名称:Unpaid Item Process → 新名称:Unpaid item cases
 旧名称:Mutual-agreement → 新名称:Canceling a transaction

手続きの内容に関しては以下の記事を参照してください。
»»イーベイのキャンセル手続きまとめ
»»未払いキャンセル問答無用 -Unpaid Item Assistant-
»»どうしてくれよう…未払いバイヤー -What to do when a buyer doesn’t pay-

キャンセルさせて〜とメールを受けたらセラーはどうするか?

キャンセルは許さん!絶対払え!でも良いですし、面倒だから放置!でも良いですが、落札者がいて終了したオークションではFinal Value Feeも取られるし、再出品にも手数料が掛かります。
悔しい!こんなバイヤーには何かペナルティーを!
と思ったあなたは、通常のUnpaid Item Processへ進んで下さい。
通常、手続きに一週間ほど掛かりますが、この手続きの最後にはFinal Value Feeの返還とfree relist credit(※2)の権利が与えられます。
そして、バイヤーに対してUnpaid Item strike(※1)のペナルティー与える事ができます。(ペナルティなしで終了させる事も可能。)
また、Unpaid Item Processにもまったく応答しなかったバイヤーが、後から腹イセにNegative feedbackを残してもスコアとしてはカウントされません。コメントにもUnpaid Item processに返答しなかったという注釈が付きます。

まあ、払いたくない・払えないモノはしょうがない。穏便に済ましたいけど、手数料は惜しい…
と思ったあなたは、Unpaid Item Processの最初にMutual agreementを選択して下さい。
バイヤーにはこんな選択肢を含んだメールが届きます。

○I agreed not to complete this transaction and/or return the item.
 The seller will be eligible for a refund of their eBay fees.
 取引の不成立または返品に同意した。セラーは手数料の返還を受ける資格がある。

○We have not made an agreement to cancel this transaction.
 The seller will NOT be eligible for a refund of their eBay fees.
 双方で取引キャンセルの合意に達していない。セラーは手数料の返還を受ける資格なし。

それと、7日以内にバイヤーの返答が無かった場合も手数料の返還を受ける事が出来ます。
間違えて後者を選択して送らないように、バイヤーさんにも確認と言うか、念押しをしておいた方が良いです。これで後者を選択されてしまうと、もうこのアイテムでは通常のUnpaid Item Processへ進む事は出来ません。つまり、手数料の返還が受けられないという事。
キャンセルの意向がはっきり分からないバイヤーに、Mutual agreementを使って取引中止の提案をするのは避けた方が無難。

※1 Unpaid strikeは数回受けるとID停止の措置がとられる場合もあります。後からセラー側の処理で解除する事は可能。
また、セラーの設定するBuyer RequirementsにはBuyers with Unpaid Item strikes(30日以内に未払いの警告を2回受けている人をブロック)の項目ヶあるので、これに引っ掛るかも知れません。

※2 Insertion Feeはそのアイテムを再出品して売れた場合に限り、再出品分のInsertion Feeが戻って来ます。

関連記事
»»キャンセルしたい!
»»キャンセルは「しない」「させない」…

“なに〜??キャンセルだ〜??” への4件の返信

  1. おはようございます、crescentさん。
    Unpaid Item Processを今年、2回目に出す羽目になりました(>_<)
    必ず出品物の最後には、「Please bid only if you’re truly serious about this auction and intend to pay 5 days of end of the auction」と毎回、赤字で強調して入れているにも関わらず、いい加減なebayerがあとをたちません。
    今年初めてのUIPは(勝手に頭文字をとってこう名づけてます)、「買うつもりがないのに、弟が勝手に入札してしまった。できれば取り消して欲しい」というメールをオークション終了後、3分以内にbuyerからもらいました。
    ふざけるな〜と思ったものの、feedbackは今までAll Positiveだった為、Mutual agreementで穏便に解決しました。
    それで今度はまた出た!!"未払い君"です。
    sellerとしての出品は本当に、神経的に疲れることが多いです。
    他にも恐るべき困ったちゃんがいて、入札していたオークションを「友達が同じのを買ったので、入札を取り消して欲しい」と言ってきたヤツがいて、結局他の人がoutbidした為、
    seller側からのキャンセル方法をさぐっているうちに、解決したのですが、そもそも友達に頼まれて入札するなら、責任を持ってやれって感じですよね?
    本当はこういういい加減な人のいうことは聞く道理がないと思いますし、頭に来たので「Bloked buyer list」に即効入れて、今後の入札はできないようにしたら、なんと今度は「〜のアイテムに入札しようとしたら、"Transaction Bloked"になって入札ができない。unlockしてくれ」という、ずうずうしいメールが早くも来ました。
    本当にこちらをなめてるとしか思えません。
    このメールは無視しようか、それともbidはれっきとした契約だから、1度それを無視して"retract"を要求したあなたは問題外ですとがつんと言ってやろうか迷ってます。
    2度と永久的に関わりたくないですね。胃にも悪いです。

  2. Rosegardenさんも、修羅場くぐってますね〜。
    図々しいメールには言っちゃって下さい!!
    でも....別IDで嫌がらせとかされても困るしぃ...私は無視かな....(爆)
    バイヤーは入札前にFeedbackとか、リスティングの内容とかでセラーを選べるけど、セラーはバイヤーを選べないのがツライです。Buyer RequirementsやBidder Managementで出来るだけ排除するしかないですね。
    幸いにもコンタクト無しの”未払い君”は一回だけ。
    私の所のキャンセル理由では、本命アイテムを逃してカスだけ落札してしまった!と言のがありました(カスとは言わなかったけどunwished)....その気持ちは分からなくもないので、次の出品で気に入ったアイテムがあればそれと一緒にどうですか?一ヶ月でもお待ちしますわ〜と無理矢理買わせました。
    あと、私が良く分からない内に勝手にキャンセル&セカンドチャンスオファーされた事がありました(笑)
    詳しくは記事に書きますね〜。

現在コメントは受け付けていません。